【医師が提案】閉経前後のセックスが痛い!を改善する「腟トレ」って?

40代、50代になると増えるのがセックスのときの痛み=性交痛。なかでも「濡れない」痛みは女性にとって切実なもの。なぜ濡れないのか、どうすれば痛くなくなるのか、プライベートな悩みだからこそ、できれば自分で解決したいですよね。産婦人科医の駒形依子先生に自分でできる、性交痛を防ぐセルフケアを教えてもらいました。

この記事の監修者

医師駒形依子 先生
産婦人科 | こまがた医院院長

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。

夫婦寄りそうイメージ

 

続きを読む

性交痛などいろいろな悩みを解決できる「腟トレ」

夫婦寝いているイメージ

 

閉経前後の女性のほとんどは萎縮性腟炎といっても過言ではないでしょう。閉経して女性ホルモンのエストロゲンが減ると子宮からの分泌物が減り、腟壁のコラーゲンが減少します。ほうっておけば腟粘膜の萎縮や乾燥が起こりやすくなり、濡れにくくなります。

 

また、セックスの回数が減っていくと腟はかたくなり、伸びも悪くなります。忘れたころに急に誘われても、腟は受け入れる準備が整っていないので痛みを感じやすくなるのです。

 

そこで、試してほしいのが「腟トレ」です。

「腟括約筋」ってどこのこと?

腟括約筋の説明イメージ

 

「腟トレ」をおこなう前に、まず女性の性器周りの筋肉の構造について知っておきましょう。

 

イラストは上から尿道、腟、肛門を表しています。尿道の周りを囲んでいるのが尿道括約筋(排尿をコントロールする筋肉)、腟の周りを囲んでいるのが腟括約筋(経血をコントロールする筋肉)、肛門の周りを囲んでいるのが肛門括約筋(排便をコントロールする筋肉)です。これらの筋肉は8の字状につながっています。

 

一般的な骨盤底筋群運動は肛門や尿道を締めるものが多いのですが、腟トレで一番動かしたいのは、腟括約筋です。


 
自分の腟括約筋がどこにあるのかを認識し、その筋肉を意識してトレーニングすることで、初めてその筋肉を鍛えることができます。

 

腟括約筋を意識することからスタート!

腟括約筋トレーニングのイメージ

 

ここでは、入門編のメソッドを紹介します。フェイスタオルを1枚用意してください。
①フェイスタオルを縦半分に折って横の端からくるくると巻きます。
②服の上から①の巻いたタオルを会陰(股)に当てて、椅子に座ります。
③タオルが当たる部分を意識しながら、タオルを挟むように意識して、会陰にクッと力を入れます。

 

これでOKです! この運動を1日1回以上、自分のペースでおこなってみてください。思い出したときに、負担のない程度でおこないましょう。毎日続けることが大切です。きちんとおこなえば、必ず腟括約筋を意識することができます。「腟トレ」の効果として、実践した人から「性交痛が和らいだ」「生理痛が改善した」「尿漏れが減った」などの報告があります。

まとめ

腟を自分で鍛えることができるということ自体にびっくり! 今回紹介した「腟トレ」は入門編で、次のステップに進むと、さらに腟括約筋を鍛えることができるということです。性交痛をはじめ、生理痛や尿漏れなどに悩まされている方は試してみてはいかがでしょうか。

 

参考文献/『子宮筋腫は自分で治せる』(マキノ出版/駒形依子著)

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:mido

ライター歴25年。35歳で第1子、38歳で第2子出産。最近、たるみが加速して二重あごが悪化。身長153㎝なのにLサイズの服が少しきつくなってきて……人生最後のダイエットを計画中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    医療の新着記事

  • PICKUP