「更年期の症状」ってどんなもの?いつから?正しく学ぼう【更年期の基礎知識1】

誰にでも訪れる更年期。しかし、具体的に更年期の症状がどんなものかを把握しているという方は意外と少なく、どんな症状が訪れるのかと不安に感じているという方もいるのではないでしょうか? そこで今回は、産婦人科医の粒来 拓先生に更年期はいつから始まり、どんな症状が出るのかを聞いてみました。専門家のお話を参考にして、更年期についての正しい知識を身につけていきましょう。

 

『この記事はこんな人におすすめ』

 

・ 更年期についての理解を深めたい方

・ 更年期の症状がどんなものか知りたい方

・ 更年期がいつから始まるのか知りたい方

 

続きを読む

更年期症状ってどんなもの?

のぼせやほてりなどさまざまな体の不調

不調イメージ

 

更年期症状とは、更年期の期間に表れるさまざまな症状のことをいいます。脳の視床下部は頑張って分泌させようと指令を出し続けますが、それまでのようにはエストロゲンを維持できません。エストロゲンは子宮だけでなく体のさまざまなところに作用しています。不足するとのぼせ、ほてりなどの症状や、発汗など自律神経失調症に似た症状をはじめ、さまざまな体の不調を引き起こします。これが更年期症状です。

 

誰もが迎える更年期ですが、症状が軽く、生活に支障なく過ごせる人も多くいます。自分で心身の変化や状態を受け止めて、医療機関への受診を含め更年期症状とうまく付き合う方法を見つけていくことが大切です。

 

よく表れる更年期症状とは?

ホットフラッシュイメージ

 

更年期によく表れる症状は、以下のものがあります。

 

1. 血管運動神経症状(のぼせ、ほてり、発汗)

2. 精神神経症状(イライラする、憂うつになる、不眠、不安感が強い)

3. 頭の症状(頭痛、頭が重い)

4. 末梢神経系(手足のしびれ、こわばり)

5. 運動器系(肩凝り、腰痛、関節痛)

6. 生殖・泌尿器系(頻尿、尿漏れ、性交痛)

7. 皮膚の症状(乾燥肌、かゆみ)

8. 消化器系(のどの違和感、おなかが張る、便秘)

9. 循環器系(動悸、息切れ)

10. 全身症状やそのほか(だるい、疲れやすい、冷え、めまい、ふらつき、ドライアイ、目の疲れ、においに敏感、物忘れが多い、指が太くなる、太りやすい)

  1.  

特によく表れる更年期症状は、「1.血管運動神経症状ののぼせ、ほてり、発汗」、次に多いのが「2.精神神経症状のイライラする、憂うつになる、不眠」などです。

 

表れる症状は人によってさまざま。症状に強弱はあるものの、いろいろ重なって現れることが多いとされます。

 

【主な更年期症状】
・のぼせ
・ほてり
・発汗
・イライラする
・憂うつになる
・不眠

 

更年期っていつから?

閉経前後の10年を「更年期」という

不調のイメージ

 

卵巣には寿命があり、一般的には50歳前後だといわれています。その卵巣が弱ってきて、今まで規則的に分泌されていた女性ホルモン(エストロゲン、プロゲステロン)の分泌が減少し、その結果、月経が止まることを閉経といいます。この閉経の前5年、後ろ5年の合わせて10年間を「更年期」と呼びます。

 

月経は突然パタッと来なくなる人はまれで、周期が短くなったり、だんだん間隔が空いたり、不順になったと思ったらまた順調に来たり……と閉経までの過程は人によってさまざまです。最終的に、最後の月経から1年間出血がなければ閉経と診断されます。日本人の閉経年齢の平均は50.5歳とされますが、実際には45歳から55歳までと幅があり、その人にとっての閉経年齢から前後5年間が更年期となります。ですので、40代に入れば誰しもが更年期である可能性があります。

 

次の章で、更年期症状と更年期障害の違いについてお伝えします。

 

更年期症状と更年期障害との違い

「更年期症状」と「更年期障害」は区別して考えよう!

不調のイメージ

 

ここからは、「更年期症状」と「更年期障害」の違いについて説明しましょう。更年期症状は、エストロゲンの分泌低下に伴うもので誰しもが通る道です。かといって、過度に不安になる必要はありません。実際に、生活に大きく支障が出ると「更年期障害」といいます。

 

「更年期症状」の範囲内で過ごせるか、「更年期障害」となってつらくなるかは、エストロゲンの分泌低下だけでなく、精神面、環境面の要素が大事であるとされています一般的には、頑張り過ぎて、更年期に戸惑いを感じている方がなりやすい印象です。

 

残念ながら20代・30代のバリバリ元気な世代とは体が異なります。エストロゲンの分泌量が不安定になり、そのゆらぎが体につらくこたえるのが更年期ですひとりの社会人であり、妻であり、嫁であり、娘であり、母である。女性を称する言葉はたくさんあります。ひとりでいろいろな役割をこなして休みがない世代といえるでしょう。更年期とうまく付き合うためには、ほかの誰かのためではなく自分優先、自分のペースを探る必要があります。

 

「更年期症状」誰しも多少は症状が出るもの。過度な心配は不要。

 

「更年期障害」生活に大きく支障が出る辛さがあるもの。病院に受診するなどの対策が必要。

 

まとめ

更年期は“更新する”時期です。気張らずに自分のペースでうまく付き合う姿勢が良いですね。更年期のどの症状がどの程度強く表れるかは本当にさまざまです。そして、いつか終わりがあるものです。症状がさまざまであれば、治療もさまざま。サプリや漢方薬といった比較的取り組みやすいものから、ホルモン補充療法や安定剤といった治療まであります。「更年期かしら?」と悩んだら、気軽に婦人科で相談をしてくださいね。

 

監修/粒来 拓先生(よしかた産婦人科分院 綱島女性クリニック院長)

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


取材・文/アキモトスズ

「年齢より若いね~」と言われたこともあったけど、今や白髪、老眼、集中力の低下に悩む私はまさに更年期ど真ん中。食事と運動とマッサージを中心に健康と若さのキープ法を日々考え中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    医療の新着記事

  • PICKUP