ある日、突然耳鳴りが!発症から7年たってようやく「メニエール病の疑い」とわかり…【体験談】

前日に何かがあったというわけでもないのに、朝起きると耳鳴りが聞こえるようになりました。最初は1週間くらいで治まりましたが、次第に1カ月、半年……と続くようになり、現在は耳鳴りが四六時中聞こえているように。病院で訴えても「耳鳴り」のみの治療というものはなく、治療はできていません。原因不明の耳鳴り「耳鳴(じめい)」と私の向き合い方について紹介します。

この記事の監修者

医師駒形依子 先生
産婦人科 | こまがた医院院長

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
0 クリップ

ある日、突然耳鳴りが!発症から7年たってようやく「メニエール病の疑い」とわかり…【体験談】

 

続きを読む

ある日、突然耳にセミが住み着いた

ある日、朝起きると耳鳴りが起きていることに気付きました。耳鳴りは時々ありましたが、数分程度で治まることがほとんどだったので、そのときも特に気にせず過ごしていました。耳鳴りの音には種類があるといわれていますが、私の場合は高音でキーンという音と、ジーというかシーというか、セミが鳴いているような音がずーっと続いています。

 

耳鳴りで周りの音が聞きづらいことはありましたが、我慢ができない範囲ではなかったし、気にしなければ問題はない程度でしたので、時間がたてば治まるものだと思って日常生活を送っていました。

 

しかし、いつもであれば1週間もすれば落ち着く耳鳴りが数カ月たっても消えることがなく、おかしいなと気が付いたのは1年ほど過ぎてからでした。気持ちが悪いし、このままずっと耳鳴りが続いてしまうのは嫌だと思ったので、耳鼻咽喉科に相談に行きました。

 

いろいろ検査をした結果、若干聴力が落ちて、特に高音域が落ちているけれど、異常無し。経過観察をして、不快を感じるようであれば、また検査をしましょうということでした。耳鳴りに関する治療などについては一切話がありませんでした。

 

耳鳴りの治療がしたい!

ある日、突然耳鳴りが!発症から7年たってようやく「メニエール病の疑い」とわかり…【体験談】

 

耳鼻咽喉科では治療はないと言われてしまいましたが、どうにかして耳鳴りを抑えたいと思った私はいろいろと調べた結果、針治療が効果があるという情報を聞き、針治療をすることにしました。

 

針治療は、治療をおこなっているときは効果があり、耳鳴りが小さくなった感じがしましたが、持続的な効果を感じることができず、結局治療を変えることに。お灸、漢方、さまざまな治療を試してみましたが、いまいち効果が得られずに、一旦治療をやめてしまいました。

 

耳鳴りは精神的な部分で発生することが多く、ストレスなどが原因ともいわれています。そういわれると耳鳴りが起き始めたころは、ストレスを感じることも多かったので、ストレスが原因なのかもしれないと思うようになりました。しかし、簡単にストレスを軽減することができないので、できれば耳鳴りの原因を見つけて治療をしたいと強く思うように。まずは諦めていた漢方治療を再び始めることにしました。

 

針治療をしているときに、漢方はほかの治療と並行して続けることができると聞き、耳鳴りの原因がわかって治療を始めることができても支障がないと思ったからです。しかし、特に改善の様子も原因の元になる病気もわかることなく、7年間も漢方治療をおこないました。

 

原因らしきものがやっと見つかる

ある日、突然耳鳴りが!発症から7年たってようやく「メニエール病の疑い」とわかり…【体験談】

 

耳鳴りが発症して7年ほど経過して、今年初めて「メニエール病の疑い」と診断されました。今年発症した「三叉神経痛(顔面神経痛)」の際にさまざまな検査をおこない、長年原因不明とされてきた耳鳴りに病名ができ、やっと治療ができると喜んでいます。

 

メニエール病とはめまいや吐き気、耳鳴りがある病気です。めまいや吐き気などの自覚症状はありませんでしたが、実際には軽いめまいを起こしていることが検査によりわかりました。自分では気が付いておらず、今までは耳鳴りの症状だけを訴えていました。そのため、最初に症状を訴えたときに検査をして以来、特にメニエール病の検査は受けておりませんでした。

 

初回検査の際には診断されなかったため、症状が悪化してきたことによりメニエール病の症状が目立つようになったようです。女性の40代以降の方にメニエール病の疑いやメニエール病を発症するケースが多いとのこと。私も年齢と共に発症した可能性が強いと医師に言われました。

 

しかし私の場合は疑いであり、実際にメニエール病であると診断されたわけではありません。ですが、メニエール病の諸症状(めまい・吐き気・耳鳴り)を抑える薬を処方してもらい、治療を開始しました。すぐに治るものではありませんし、実際に治療が自分に合うものかもわかりませんが、改善に向けてこれからも通院は続きます。

 

まとめ

突然起きた耳鳴りの原因として、7年の時間を経てメニエール病の疑いが強いということがわかり、治療を開始することができました。メニエール病の疑いであって、もしかしたらメニエール病ではない可能性もありますが、耳鳴り自体が治まることを期待して治療していくつもりです。

 

メニエール病はストレスによって悪化するといわれており、睡眠不足・過労・神経系の疾患や几帳面な性格などが影響するともいわれています。耳鳴りは不愉快な存在であり、日常生活に支障を来すのです。耳を大事にしていくことも耳鳴りが起きないための方法でもあるので、耳に良いことをしながら漢方と、メニエール病の治療を続けていきたいと思います。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

イラスト/おんたま

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:サトミオリ 

小学生男子2人に振り回されながら毎日大騒ぎの育児。子どもたちに振り回されているせいか、年齢のせいなのか、次々と体の不調が出てきている。一つずつ完治をさせながらも、年になったなぁと凹んだりしていている。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    医療の新着記事

  • PICKUP