「本当にいいの?」勇気を出して使ってみたかった吸水ショーツに初挑戦!

基本的に生理周期はきっちり28日、生理痛とはほぼ無縁な私。生理での唯一の悩みは経血量の多さでした。2日目は夜用の生理用ナプキンとタンポンを併用しないと漏れてしまうほどで、生理期間を快適にするため、ありとあらゆる生理用アイテムを試してきました。そんな私が唯一挑戦をためらっていたのが「吸水ショーツ」だったのですが……。

 

続きを読む

吸水ショーツに初挑戦!

経血量がとにかく多かった私。あまりの量の多さと、生理前のホルモンバランスの乱れによる頭痛や吐き気に悩まされ、3カ月ほど前から低用量ピルを服用するようになりました。結果として経血量は激減。経血漏れもまったくなくなり、快適に過ごせるようになりました。

 

私には経血量が減ったら使ってみたかったアイテムがありました。それは吸水ショーツ。吸水ショーツを使っている友人がおり、快適さや便利さを聞いてはいたものの、経血量がとても多かった私には挑戦する勇気がありませんでした。しかし低用量ピルを服用するようになってから経血量が減ったため、前から使ってみたかった吸水ショーツに挑戦することにしたのです。

 

吸水ショーツ選び

まずは吸水ショーツ選びです。現在私はブラジル在住で日本の吸水ショーツ事情はわからないのですが、ブラジルでは吸水ショーツは一般的ではなく、インターネットでしか見かけたことはありません。そのため、インターネットでの口コミを参考に、2つのメーカーからそれぞれ昼用夜用を1枚ずつ(計4枚)購入しました。価格は1枚大体150レアルほど。日本円で1枚3,000円くらいでした(2021年11月の為替換算)。

 

実際に届いて見てみると……どちらのメーカーの吸水ショーツも普通のショーツとほとんど変わりません。ただ、クロッチ部分は通常のショーツより大きく厚みがあるため、タイトなボトムをはくときはラインが響かないように気を付けたほうが良いかもしれないなと感じました。それ以外は、普通のショーツと同じように使用できました。

 

ずれない! 漏れない! カブレない!

さて、吸水ショーツを初めて使用した感想は……「超快適」のひと言! まだ生理期間1回だけの使用ですが、まずショーツと一体化した吸水シートが経血を吸水してくれるので、生理用ナプキンでありがちな「ずれ」がありません。当然「ずれ」からくる「漏れ」の心配もなく、布製だからか通常の生理用品で起こっていた「カブレ」もなくなりました。私の場合は丸1日交換しなくてもすみ、とてもラクです。

 

以前のような大量の経血量だったら吸水しきれず漏れてしまっていたかもしれませんが、少なくとも経血量が減った今、生理用吸水ショーツは私のQOLをあげてくれるものになっています。

 

※QOL=Quality Of Life(生活の質)

 

 

長い間、経血量に悩まされてきた私は、さまざまな生理用アイテムを試してきました。生理用吸水ショーツは、今まで私が試してきた生理用アイテムのなかでも特に画期的なアイテムだと感じています。洗えばまた使えるので、経済的で環境にもやさしいといううれしい副効果もあります。

 

まだまだ長く付き合っていく生理ですから、これからもいろいろと工夫したり新しいアイテムを試したりして、快適にすごせるようにしていきたいな……と思っています。

 

著者/レイトン愛加
監修/助産師 REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP