「6カ月でヒップアップ!」家事の合間にラクラクできる「ながら運動」で垂れじりが上がった【体験談】

40歳になり、おしりのお肉が垂れて型崩れしていることに気付き始めたママ。20代のころのプリッとしたおしりを取り戻すべく、実践した“ながら運動”や食事法をご紹介します。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
3 クリップ

スキニーパンツのイメージ

 

スキニーパンツが好きな私。大学生のころからかれこれ20年もスキニーパンツをはき続けています。あるとき、鏡で自分の横からの姿を見てショックを受けました。本来、プリッと丸くあるはずの「おしりがない!」。さらに手でおしりを触ってびっくり! お肉が垂れて、ぺたんこになっているではありませんか! 20代のころのきれいな丸みを帯びたおしりが恋しくなりました。

 

プリっとしたおしりが理想。40歳の私の現実は…

大学生のころからスキニーパンツをはき始めました。私の脚はひざ下が細いので、ついでに太ももまで細く見せたい!という思いからです。でも、スキニーパンツは、脚やおしりの形がハッキリします。つい最近までは、自分のおしりはプリッと見えていると思っていました。でも違ったんです。

 

以前、友人とランチに行った帰り、お店の鏡に映った自分の横からの姿を見て、おしりの“つぶれた形”が気になりました。20代の女性の後姿には、“きちんとわかる”おしりの形があります。そして横からの姿のS字ラインが美しく見えました! 一方、私は太ももとおしりの境があいまいで、おしりが垂れた印象になって老け感が……。最近、おしりがないことに気付いてしまった私は、「これではいけない!」と焦り出しました。

 

エクササイズ開始!おしりの筋肉を鍛える

筋トレしているイメージ

おしりに筋肉をつけるしかない! そう思って、筋トレを開始。「おしりに張りを持たせてヒップアップができる」とテレビで紹介されていた、脚を後ろに上げる運動とスクワットをおこなうことにしました。脚を後ろに上げる運動は、直立の姿勢から脚を真っすぐ後ろに振り上げる動きを10~20回。これを1セットとして1日に1~2セットずつ。スクワットは、10回を1セットとして1日5セットずつおこないます。

 

どちらの運動も、家事や歯磨きなどをしながらできる“ながら運動”が可能なので、とても助かりました。私は専業主婦なので、日常生活の中に取り入れられたほうが長続きしました。

 

また、食事にも気を付けており、玄米ご飯と野菜・たんぱく質・果物などバランスを考えてとっています。たんぱく質については、大豆製品と肉類・魚を交互に献立に組み込んでいます。これを約6カ月続けました。

 

次の章で、おしりの変化をお伝えします。

 

努力が実った!約6カ月でおしりができた

運動と食事に気を付けたことで、脂肪が消えて筋肉に変わったような気がします。鏡を見ると「うん! おしりがある!」。太ももとおしりの境目ができました! そして、スクワットをたくさんおこなったおかげか、おしりだけじゃなく背筋・腹筋・脚まで全体的に鍛えられて締まった印象に。ウエストも細くなったので、お風呂上がりに夫にその変化を見せたら褒められました♪

 

ちなみに、おしりの筋肉を鍛えるとほかにも良いことがあるそうです。ネットによると、おしりの位置が高くなることで脚を長く見せるのはもちろん、長時間座ることによる坐骨神経痛を抑えるとか……。健康にも良いとわかり、おしりを鍛えてつくづくよかったなと感じました。

 

まとめ

おしりに筋肉がついたおかげで、小学生の子どもと公園で軽々遊べるようになりました。サッカーやキャッチボール、バドミントン、アスレチックなど、脚の運びが軽いからいっぱい遊べます。最近はつい太ももとおしりの境目を触っちゃうのが癖になってしまいました。「おしり、ちゃんとあるな」「丸みってうれしいな」と思って、高くなったおしりの位置を確かめたくなります。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:Happy Life

主婦歴15年。3人の子ども(10歳、7歳、3歳)と夫と共に暮らしている。趣味は子どもたちと野外活動をすること。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶