40代のセックス 「夫は嫌いじゃないけれどしたくない」のはどうして?

40代以降の夫婦にありがちなセックスレス問題。さらに妻に閉経が訪れれば、2人の関係が変わることもあるでしょう。今回は、夫は性交渉を望んでいるけれど妻は望んでないという夫婦のお悩みに対して、産婦人科医の駒形依子先生にアドバイスしていただきました。

この記事の監修者

医師駒形依子 先生
産婦人科 | こまがた医院院長

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。

夫婦不仲のイメージ

 

続きを読む

同じセックスレスでも原因はさまざま

駒形先生のもとには、さまざまな悩みを持つ女性がやってきます。そこで感じることの1つに、「男と女からパパとママの関係になるとき、なんらかの問題があるとセックスレスになる可能性がある」と言います。

 

「お子さんがいない女性のなかには、年齢とともに濡れにくくなって性交痛がつらくてセックスレスになっている、どうすればいいですかという方が多くいらっしゃいます。でも、それはセックスをもっと楽しみたい、夫とコミュニケーションをとるために相談されているのです。

 

一方でお子さんがいる女性の場合、家族ができると、ずっと家族でいなくては、ずっと母でいなくては、妻でいなくては、という意識が生まれてセックスレスの原因の1つになることがあります」(駒形先生)

 

そんな「したくない」女性の気持ちに加え、「したい」側の男性にも実は原因があると駒形先生は言います。

産後1年間くらいの夫の発言や行動が引き金に

夫婦背を向けて寝ているイメージ

 

“閉経後は特に家事や育児、仕事で疲れて体力がなく、誘われても断ってしまう”

 

“閉経後はさらに太ってしまい、体型に自信がなく誘われても断ってしまう”

 

“年齢とともに濡れなくなり、「痛い」と伝えてからレスになってしまった”

 

これらは閉経期の女性によくあるお悩みの声の一部。でも、駒形先生はこれらすべて「セックスを断るための言い訳」と言います。

 

「多くのママの声を聞いていると、産後1年間くらいの夫の発言や行動で、妻が萎えるというパターンはとても多いです。例えば陣痛でしんどかったのに隣で寝ていたとか、産後も自分のライフスタイルを変えてくれず非協力的だったとか。一番しんどいときに寄り添ってもらえなかったという恨みが夫婦の溝になっている可能性があります」(駒形先生)

 

忍耐強くコミュニケーションをとることから始めて

夫婦手を繋いでいるイメージ

 

セックスレス解消には、夫婦の間にできてしまった溝を根気よく取り除いていくしかないと駒形先生。

 

「40代は子育てがまだ忙しい年代で気持ちを伝える余裕がなく、余計に溝が広がりがちです。でも、コロナが落ち着いたあとに子どもを預けて2人で旅行に行くなど、夫婦の時間をつくってみると良いでしょう。

 

女性側も、断ってばかりで違う女性に気持ちがいってしまうのではないかと心配なら、今までいやだったこと、我慢してきたことを少しずつパートナーに伝えてみてはいかがでしょうか。夫婦生活を続けたいなら、どこかでパートナーシップを立て直すことが必要だと思います」(駒形先生)

まとめ

産後の関係が40代のセックスレス問題に影響しているとは。でも、「そうかもしれない」と思った方は多いのではないでしょうか。体型とか、体力とか、加齢とかではないところにセックスレスの原因があるときもあるという先生のお話に思わずうなずいてしまいました。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:mido

ライター歴25年。35歳で第1子、38歳で第2子出産。最近、たるみが加速して二重あごが悪化。身長153㎝なのにLサイズの服が少しきつくなってきて……人生最後のダイエットを計画中

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    ママネタの新着記事

  • PICKUP