40代の髪のボリューム不足を解決!髪に良いことずくめのアイテムとは

髪のボリュームが気になりだし、ヘアケアに力を入れるも思ったようなボリュームが得られず悩んでいたアラフィフ主婦。そこで思い切ってあることをを試した結果、やっと満足できる解決策にたどり着きました。そして、その対策こそ髪にも優しく悩みを解決してくれるものだったという体験談です。

この記事の監修者

医師駒形依子 先生
産婦人科 | こまがた医院院長

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。

笑顔のイメージ

 

続きを読む

年々低下する髪のボリュームに悩んでいた私は高価な育毛剤を使用したり、ヘアスプレーでボリューム感を演出したりする努力をしてきましたが、相変わらずのぺったんこの髪にがっかり。そこで何カ月も考えたあげく思い切った解決策に挑戦しました。そして、その解決策こそ実はたくさんのメリットがあり、今では私の必須アイテムになっているという体験談です。

ぺったんこの前髪をカバーしてくれたもの

髪がボリュームがないイメージ

 

40歳を過ぎたころからだんだん髪が細り、ボリュームの低下を感じるように。そして、45歳ごろにには特に前髪のボリューム低下が著しくなり何をやってもペったんこ。ヘアスプレーなどでボリューム感を出そうとしてもうまくいきません。

 

高価な育毛剤を使用するなどしてきましたが、それでも変化を感じることはできず。片手に乗るほどの小さなウィッグのCМを見ては使用してみようかと考えるものの、さすがに40代半ばの自分が使用するにはちょっぴり抵抗がありました。

 

しかし、前髪がぺったんこになると年齢以上の老け顔に見えるように。そこで一大決心をしてウィッグショップに立ち寄ってみることに。CМで見た片手に乗るほどの、いわゆるトップピースというウィッグを着けてもらったところ、想像以上のナチュラル感にびっくり! 気に入った私はその場で購入し、外出時には欠かさずに着けるようになりました。

やっと行き着いたお気に入りのアイテム

ウィッグのイメージ

 

購入したトップピースを外出のたびに使用していたところ、止める部分のコームが折れてしまったため購入したウィッグショップへ。そのとき、もし自分に合ったウィッグがあれば、もう1つ購入したいと思っていたので、修理をしてもらっている間にいろいろ試着をしてみました。

 

今持っているトップピースより大きめのハーフウィッグが店員さんの一押しだというので着けてもらったところ、ヘアスタイルを決めるのがとにかく簡単! 大きさはネーミングどおり全体ウィッグの約半分程度のサイズ感でしたが、想像以上のナチュラル感がありました。

 

そこで2つ目のウィッグには、デザインとカラーの気に入ったハーフウィッグを購入することに。ウィッグ部分が大きいのでデザイン性も高く、それからはハーフウィッグばかり使用するようになっていき、今では欠かせないアイテムとなっています。

 

想像以上の魅力が満載で大満足!

ウィッグをつけているイメージ

ハーフウィッグを使用してみると、想像以上に魅力を感じるようになりました。例えば極小のトップピースの場合はつむじ付近の白髪は隠れますが、それ以外の部分は見えてしまうので白髪は普段どおり1カ月に1回程度染める必要があります。また、髪に動きを出すために軽くパーマをかける必要も今までどおりです。

 

しかしハーフウィッグの場合は、多くの部分がウィッグで隠れるので白髪がほとんど目立ちません。自分の髪を出す生え際は多少白髪が混ざっていても、ウィッグの毛と混ざるとよりナチュラルに。毛染めも6カ月に1回で十分になりました。

 

そして、デザインによっては緩めのカールが施されているので、パーマも不要となり髪への負担を減らすことも。そのため、ハーフウィッグを使用して1年ほどすると、髪にはツヤが戻り、ボリュームさえ感じられるようになりました。このようにハーフウィッグには想像以上のメリットがたくさんあったのです。

まとめ

テレビのCМで見ていると、とにかく小さくて軽いウィッグが一番ナチュラルで良いと思い込んでいましたが、ハーフウィッグを使用してみると次々と魅力を感じることができました。

 

友だちなどにもヘアスタイルを褒められ、種明かしをするとあまりのナチュラルさに驚かれます。夏は汗で蒸れないか不安でしたが真夏でも特に問題はなく、技術の高さを実感しました。

 

やはり品質は重視したいので大手メーカー品を使用していますが、価格は約15~30万円と少々高め。私は10万円以下のセールス品で気に入ったものを購入し、今では3つのウィッグを気分によって使用しています。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

【駒形先生からのアドバイス】
髪の毛は薄くなってからケアしても、なかなか劇的な効果を得るのは難しいものです。年齢を重ねるにつれ薄毛の進行は早まるので、薄くなってきたことに気付いた時点で早めにケアを始めましょう。

 

関連記事:薄毛進行を阻止せよ!私がたどり着いた育毛活動【体験談】

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:Sakura

子どもは独立し今は夫と2人暮らし。大好きなアクセサリー作りを仕事に。収入は少ないけど好きなことなので意外と気に入っている。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP