顔色の悪さが気になる…オンライン画面に映る40代のくすみを飛ばしてくれたのは

30代までは口紅の色を楽しんでいたのに、40代では定番色しかつけなり、おまけにコロナ禍で口紅から遠ざかる一方に。そんなとき、ふと派手色の口紅をつけてオンライン画面に映って見たら……という体験談です。

くすみ肌のイメージ

 

「今思えば、20~30代のときはどんな色の口紅でも似合っていたな……」と思う40代の私。だんだんお決まりの色の口紅しかつけなくなっていたところで迎えたコロナ禍でのマスク生活。口紅からはどんどん遠ざかる毎日でした。

 

ですがオンラインで画面に映る自分の顔色の悪さが気になり、ふと派手色の口紅をつけてみると……という体験談です。

 

40代で迎えたマスク生活で口紅から遠ざかる

マスク生活のイメージ

 

30代まではいろいろな色の口紅を楽しんでいた私。元々の唇の色がそれほど濃くないため、さまざまな色をつけて表情の変化を楽しんでいました。明るめの色はもちろん、あえて暗めの色で洋服とのバランスを取ってシックに決めたりと、口紅は最後につけるファッションのワンポイントのような位置付けでした。

 

しかし40代になり、だんだん自分にとっての定番色が決まってきて、新しい色にあまり手を出さなくなりました。顔色から浮かず、無難に洋服とも合わせやすく、落ちても目立ちにくいベージュレッド系が中心に。そんなふうに色を楽しむ気持ちも少なくなったころに迎えたコロナ禍。最初のころは、マスクでも口紅は欠かせない!とこだわっていたのですが、それもつかの間、マスクにべったり口紅がつくのが嫌になり、口紅からはどんどん遠ざかる毎日となったのです。

 

私は在宅勤務なので家ではノーメイク、外ではアイメイクのみという状況が定番となりました。

 

いただきもののピンクの口紅に戸惑う

ピンクの口紅のイメージ

 

コロナ禍では公私ともにオンラインでの交流が主流となり、徐々に画面上で自分の顔を見る機会が増えてきました。さすがにノーメイクは……といつものベージュレッド系の口紅をつけてみたものの、正直、画面映えしません。画面だと実物より暗く映るのでしょうか、口紅をつけると顔色が明るくなる……という効果を感じにくいままでした。

 

そんなとき、知り合いからもらった1本の口紅。鮮やかなローズピンクで、30代までの私なら喜んでつけていたと思うのですが、40代の私には一体この色どうしよう?というのが最初の印象でした。若い友人にあげようかな、でも、せっかくくれた知り合いにも悪いし……としばらくしまい込んでいました。

 

そんなとき、急なオンライン会議の準備でバタバタしていた私は、すっぴんのまま慌ててメイクケースを開け、とっさにそのローズピンクの口紅を塗ってみたのです。すっぴんだし多少は唇が明るくても良いだろう……という気軽な気持ちで。

 

40代のオンラインにはピンクが効いた

オンラインで会話しているイメージ

 

そうすると、たまたまその会議は気のおけないメンバーが多かったためか、とあるメンバーが「その口紅良いね、似合ってる」と言うのです! 私は驚いたのですが、たしかにいつも画面で暗めに映りがちだった顔色が明るく見えます。対面ではともかく、オンラインでは多少派手なくらいの明るい口紅が、実は40代のくすんだ顔色を明るくしてくれるのかもしれない……と気が付きました。

 

それからはオンラインではなるべくその色をつけるようにしたところ、「顔色良いね」と褒めてもらうことも。これは明らかに、このローズピンクの口紅効果だなと実感しました。私の40代のくすんだ顔色には、そのくすみをパッと飛ばしてくれるような明るい色の口紅が効果的だったのです。

 

自分では絶対に選ばない色をプレゼントしてもらえたことも幸いしたと思います。いつもの自分が選ぶようなナチュラル系のレッドであれば、リアルの40代の肌色には浮かずになじみますが、オンラインでの顔色のくすみを飛ばしてくれる効果はなかったことでしょう。

 

まとめ

コロナ禍でのマスク生活で、外出時のリップメイクは省略が続く毎日。でもオンラインでの私の定番は、このローズピンクの口紅となりました。ほかの色も試してみたのですが、やはり私の40代の肌のくすみにはこの派手色が効くようです。

 

オンラインメイクではこの口紅を楽しもうと思います。この口紅がなくなるころにはマスク生活も終わって、リアルでのリップメイクも楽しみたいところです。リップメイクはすっかり定番色に落ち着いていた私も、このマスク生活が終われば、もっといろんな色の口紅を楽しんでみたい。今はそんなふうに思えるようになっています。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:まっちゃ

40歳で再び独身に戻った、バツ2シングルマザー。30代まではボディラインにも肌にも自信あり。40代初期はプロポーションを褒められたり、そこそこモテたりでいい気になっていたが、40代半ばになり加齢の現実を徐々に目の当たりにしている最中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶