「疲れたおばさんに見せない!」アホ毛を押さえる3つの方法【体験談】

現在43歳の私は、アホ毛(髪の表面からぴんぴん出てくる毛)の量がとにかく多く、髪の毛がきれいにまとまらないため疲れて老けた印象に見えるのが悩みです。朝のヘアセットがうまくいかないので、夜のお手入れから見直すことにしました。そこで私がアホ毛を押さえるためにおこなった3つの方法を紹介します。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
3 クリップ

 

アミノ酸シャンプーの泡パックで、髪しっとり!

haru 「kurokamiスカルプ」(400ml・3,168円)

 

私の髪の毛の状態は、量が多い、太い、真っ黒、白髪交じり。アホ毛も量が多く、太くて黒いため目立ち、存在感があります。その上、年齢とともに髪の毛がうねるようになり、扱いづらくなってきました。

 

そんなときに、私がいつも使っているシャンプーで泡パックをすると髪の毛がしっとりするということをメーカーのホームページで知りました。商品はharuの 「kurokamiスカルプ」(400ml・3,168円)というものです。ホームページによると、なぜこのシャンプーで泡パックすると髪をしっとりさせる効果があるのかというと、このシャンプーにはアミノ酸が豊富に入っているからだとのことでした。

 

私も髪を洗う際に3分ほどおいてから流すようにしてみました。たしかに、指通りが良くなり絡みません。うれしいことに1回の泡パックで効果が出ました。ただ私の場合はしっかり洗い流さないとフケが出てしまうので、いつも念入りにシャワーで流しています。

 

かっさで頭皮をマッサージして血流改善!

カッサ

 

2つ目は、1日に2回、朝と夜にかっさを使って頭皮マッサージをおこなうことにしました。私は以前から顔をかっさでマッサージしていましたが、頭もかっさでマッサージしたらリンパや血液の流れを促せるのではないかと思ったからです。

 

気を付けていることは、夜は頭皮のマッサージに入る前にドライヤーで髪を丁寧に完全に乾かすことです。私の場合は、髪の毛を先に乾かすほうがアホ毛が立ち上がらないようです。アホ毛が立たないようになるべく弱めの風で上からドライヤーを当ててから、かっさで頭皮マッサージをするようにしています。

 

かっさは天然石などで作られたプレートで、頭皮や顔、体に沿わせて動かすことで血流やリンパを流すというもの。電池や充電がいらないのですぐ使えるのが良いところだと思います。おでこの生え際から頭頂部に向けてかっさを頭皮に沿わせて動かすと、ゴリゴリと痛気持ち良い感覚で、スッキリします。血流が良くなることで、髪の毛の広がりが押さえられてアホ毛の立ち上がりも減るような気がします。

 

シルクのナイトキャップを被って寝る

シルクのナイトキャップ

 

3つ目は、量の多い髪の毛の広がりを押さえる目的で時々被っていたシルクのナイトキャップを毎日被って眠ることにしました。髪の毛全体のツヤを出してくれ、寝癖の防止に役立つと思ったからです。シルクのナイトキャップは取れないようにピンで留めています。

 

私はアホ毛の立ち上がりを押さえる効果はこれが一番あると思っています。時間がなくてシャンプー泡パックとかっさができなかった日でも、ナイトキャップをかぶるだけで多少は押さえられています。とはいえ数本は立ち上がっていますので、そのときは、スタイリング剤で押さえています。

 

まとめ

アホ毛があるだけで「ヘアスタイルが決まらない……」と落ち込んでいましたが、3つの方法を取り入れてからアホ毛を落ち着かせることに成功しました。朝のヘアセットがだいぶラクになり、時間も短縮できたのがよかった点です。夜のお手入れには時間をかけていますが、夜手入れをするとしないでは朝のアホ毛の落ち着き方が全然違うので、努力は惜しまないようにしています。

 

髪の毛全体にもツヤが出てまとまりやすくなり、老けて見える印象は解消されたと思います。

 

※本記事内の価格表記は、すべて消費税込みの価格です。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

イラスト/サトウユカ

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:れいこ 

電化製品好きな夫、保育園児の子ども2人、猫と暮らしている。コーヒーと美容家電が好き。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶