「つるすべ肌が復活!」お手ごろな針を使わないヒアルロン酸導入、やってよかった【体験談】

40代後半から気になってきた顔のたるみやくすみ。朝のメイク時にハイライトでごまかしたはずが、夕方ふと見た鏡に映る自分のお疲れ顔にぎょっとすることがありました。高い美容クリームもパックも効果はいまひとつ。そんなときに見つけた「歯医者でできるアンチエイジング」の看板。早速申し込み、体験してきました。その成果とは……。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
1 クリップ

 

続きを読む

若いころの油断と過信を後悔することに

海の近くに生まれ育ったこともあり、子どものころから夏は毎年真っ黒になるほど紫外線を気にしない生活を送っていました。それは20代になっても変わらず、軽い日焼け止めを塗れば良いほうで、日焼け用のサンオイルを塗って小麦色の肌を目指していた時期もありました。もともとテニスや海水浴などのアウトドアが好きでしたし、乾燥やにきびの肌悩みもなかったので、「肌が強い」と変な過信があったように思います。

 

そんな生活を後悔することになったのは、40代後半を迎えたころでした。夕方、ふと見た鏡に映る自分の顔が何だか黒い、いや暗いというのでしょうか、すごく大きなクマができているようなひどい顔色でした。寝不足で疲れているのかなと思いましたが、良く寝ても夕方にはまた「お疲れ顔」になっているのです。

 

「針を使わないヒアルロン酸導入」とは?

アンチエイジング施術イメージ

 

そんなときに見つけたのが「歯医者でできるアンチエイジング」の看板です。その看板には「針を使わないヒアルロン酸導入でたるみやシワを諦めない」とも書いてありました。1回6,000円というお手ごろ価格に、すぐに予約を入れました。

 

肌の汚れをふき取って、いよいよ体験スタートです。「パルス(電波)を発生させて細胞間隔を広げて成分を導入していきます」と施術をしてくれる方が言って、冷たいヒアルロン酸とプラセンタエキスの入ったジェルを塗り、専用機器を肌にゆっくり滑らせていきます。ちょっとピクピクする程度で、あまり電波は感じません。「リラックスしていないと細胞間が広がらず、奥まで浸透できないので、強いパルスを我慢しないでくださいね」とのこと。30分足らずの施術で、うとうとするほどリラックスしてしまいました。その後、クーリングで肌を引き締めて終了。

 

帰り道、頬をさわってびっくり! しっとりして柔らか、その上つるすべなのです。家で鏡を見て、さらにびっくり! 肌がワントーン明るく、そしてほうれい線が薄くなっていたのです。「ゆっくり浸透していきますので、今日はメイクしないほうが良いですよ」というアドバイスを守り、その日はメイクをせずに過ごしました。翌朝の肌は目元のたるみも改善していました。

 

針を使わない美容整形と呼ばれるわけ

肌がきれいなイメージ

 

翌日だけでなく、しっとりとした柔らかな肌は2週間たっても続いています。なぜ、こんなにも簡単にたった30分の施術で効果が実感できたのか? 気になって調べてみました。

 

使われたのは「エレクトロポレーション」という機器で、発生させた電気パルスを使って細胞間の隙間を広げて美容成分を深く、真皮層まで浸透させるそうです。これまでのイオン導入はイオン化できる成分しか浸透できなかったのに対し、すべての美容成分を浸透させることができるのだそうです。浸透率はイオン導入の約20倍!

 

シワやたるみの改善に効果が感じられるヒアルロン酸、細胞の若返りを助け、肌のくすみ改善が期待できるプラセンタなどを、肌へのダメージなく浸透させ、大きな効果を感じることができました。

 

肌へのダメージも少ないため、1〜2週間の短いスパンでの施術も可能で、その肌の変化から「針を使わない美容整形」と呼ばれているそうです。

 

まとめ

見た目の変化と肌の触り心地の変化は、私をとても明るい気持ちにしてくれました。肌だけでなく、心も若返ったようにポジティブな気持ちを取り戻し、新しいことにチャレンジしようという気持ちも生まれます。

 

まだまだ50代、人生を折り返したところです。心も肌も元気でいたい、そんな自分への応援としてこれからも続けていこうと思っています。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:minato

高校生の息子と中学生の娘の母。最近離婚しシングルマザー初心者。小さな不安はあるものの、心は元気になり、ポジティブに精力的に日々を送っている。目下の関心事はアンチエイジング。小さな衰えが気になり、いろいろ対策中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP