「恋人からサイズを聞かれ…」40代で指輪のサイズもぐっとアップするなんて…【体験談】

もともと指輪サイズは大きめだった私。20代と30代で2回結婚しましたが、結婚指輪のサイズはどちらのときも10号。太めですが、人に言えないほどのサイズでもなかったのでそれほど気にしていませんでした。それが、40代で付き合い始めた恋人から指輪サイズを聞かれ、なんと指までぐっとサイズアップしていることに気付き、大ショック……。

 

続きを読む

20〜30代のころから指のサイズは太め

幼いころからピアノを習っていたせいか、それとも生まれつきか、もともと私は指が太めでした。20代での初婚でも、30代の再婚でも、それぞれ結婚指輪のサイズは10号。

 

よく女性の指輪サイズの平均は6〜9号と書かれたサイトを見かけます。そういった平均値よりは太い10号でしたが、それほど大きくかけ離れているわけではないので、30代まではほとんど気にしたことがありませんでした。ファッションリングを購入する際も、平均より少し太いから、少し大きめサイズを選べば大丈夫……くらいの認識だったのです。

 

40代になり二度目の離婚をし、その10号の結婚指輪を外してからもう数年たちました。離婚して以降はファッションリングを購入することもなく、あってもプチプラのフリーサイズのリングくらい。指輪自体をほとんどしなくなり、自分の今の指輪のサイズを意識することもすっかりなくなっていました。

 

40代でできた彼から指輪のサイズを聞かれ…

手を繋ぐイメージ

 

そして離婚後4年たち、44歳で付き合い始めた恋人。たまに会うときはおしゃれしたい!と、昔のリングをしてみると、あれ、きつい? コロナ禍で体重も増えたし、指もむくんでいるのかもしれないなぁ……とは思ったものの、大して気にも留めず、それからは昔のリングをするのをやめました。その程度で、自分の今の指サイズを意識もしませんでした。

 

それがある日、彼から「指輪をプレゼントしたいから、サイズを教えて」と言われて焦りました。今の自分の指輪のサイズを知らない……。「サイズがわからないから一緒に買いに行こうよ」とごまかしたのですが、「プレゼントしたいからサイズを測ってみて」と言う彼。彼の気持ちがうれしくて、ネットで調べた指輪のサイズの測り方を試してみると……。

 

なんとサイズは、ややきつめに測っても13号と出ました! 3号もアップしている……。しかも、あるサイトでは、女性の指輪のサイズの平均について「30〜40代は9〜11号、50代以降は10〜15号」と書かれています。今の自分は、40代の平均値を大きく越えて50代以降の平均値なんだ……と、目の前の数字にショックを受けました。

 

彼は指輪サイズをまったく気にせず

恋人と会話しているイメージ

 

あまりにもショックだったため、彼に伝えるのもためらいました。まずは少し年上の50代女性の友人に、「私の左手の薬指のサイズ、なんと13号だったんですけど……」と打ち明けてみました。すると彼女は「13号くらいこの年代ではよくいるよ、気にしなくて大丈夫!」と明るくひと言。少しホッとする気持ちと、そうなのかなぁ……と心配な気持ちが半々のまま、彼にも思い切って「私、薬指のサイズ3号もアップしてた……実は13号だったの」と伝えました。

 

そうすると彼からは、「無理して小さいサイズを買って血行が悪くなるよりも、今のサイズを伝えてくれてよかった」との返事が。そうだよね、男性は女性の指輪のサイズの平均なんて知らないもんね……と少し安心。そんなに太いの?と引かれたらどうしようかと思いましたが、なんとかその事態は避けられました。

 

とはいえ、彼がスマホのメモに「指輪 13号」と入力しているのを見て、かなり複雑な心境だったことは間違いないのですが……。

 

まとめ

40代になり、体型のあちこちにもちろん変化は感じていますし、もちろん洋服も30代からはサイズアップしています。改めて考えてみても、指のサイズだけは変わらないなんてことはないはず。彼が「指輪をプレゼントしたい」と言ってくれなかったら、自分の薬指のサイズを改めて意識することはなかったかもしれません。自分の加齢の現実を知るという意味では、良い機会だったと捉えています。

 

今は自分の13号の薬指も現実と受け止めて、彼がいつどんな指輪を買ってくれるのかなと前向きに待とうと思います。もらうときはやっぱり、大きめサイズのリングを見て少し恥ずかしくなるでしょうけれど……。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

イラスト/村澤綾香

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:まっちゃ

40歳で再び独身に戻った、バツ2シングルマザー。30代まではボディラインにも肌にも自信あり。40代初期はプロポーションを褒められたり、そこそこモテたりでいい気になっていたが、40代半ばになり加齢の現実を徐々に目の当たりにしている最中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP