「メイクで隠せない」目の下のクマは40代以降になると若いころのものとは別物に!?クマの原因と対策

目の下にクマがあると疲れて、老けて見えてしまうもの。何とかメイクで隠そうとしても、色だけでなくふくらみもあり、諦めてしまったという経験はありませんか。40代以降のクマはなぜできるのでしょうか。また、改善することはできるのでしょうか。美容外科医であり、アンチエイジング専門医の黒田愛美先生に聞きました。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
3 クリップ

 

40代以降のクマの多くは“黒クマ”

クマ種類イメージ

 

黒田先生によれば、目の下のクマは大きく3種類あると言います。

 

「目の下のクマは

 

1.  青クマ

2.  茶クマ

3.  黒クマ

 

の大きく3つに分けられます。40代以降の加齢によるクマは黒クマです。

 

黒クマの特徴としては

 

・ 顔を上に向けて鏡を見るとクマが薄くなる。

・ 目の下にふくらみやへこみがある。

・ ファンデーションやコンシーラーで隠すことができない。

 

といったことが挙げられます。クマのおよそ95%は黒クマと言われています」(黒田先生)。

 

40代以降のクマはなぜできる?

クマイメージ

 

なぜ加齢とともに黒クマはできてしまうのでしょうか。

 

「目の下には眼窩脂肪という脂肪がありますが、若いときは目の周りの筋肉で支えることができました。しかし、加齢とともに目の周りの筋肉が衰え、支えることができなくなってきます。支えきれなくなった脂肪が前に出ることでふくらみや影になります。それが黒クマです。

 

また、それに加えて加齢で顔の骨が委縮することで目の下の皮膚がたるむことで黒クマはより目立つようになります。まとめると以下のようになります。

 

・ 目の下の脂肪やコラーゲンが減り、ハリが失われてたるむ

・ 骨が委縮して皮膚が薄くなり目と頬の境にくぼみができ、目の周りの皮膚がたるむ

・ たるんだ目の下の脂肪を周りの筋肉が支えられず前に出てくる

・ ふくらみやたるみでできた影が黒クマになる

 

子どもの目の下は脂肪が多いのでふっくらしていますよね。加齢とともに目の下の脂肪は減ってたるみやすくなります。また、目と頬の皮膚はもともと質が違います。目の周りの皮膚はとても繊細です。元々あった皮膚の質の違いの境目が、加齢とともに目立ってくるのです」(黒田先生)。

 

化粧品では消えない?

注射イメージ

 

すでにできてしまった黒クマ。まずはセルフケアで改善できないのでしょうか。

 

高保湿の化粧品は皮膚にハリを持たせて目立たせなくすることはできますただ、目の下のクマは肌の外側ではなく内側に原因があります。根本的には解決できません。

 

根本的に解決するためには外科的処置が必要です。注射か手術が効果的です」(黒田先生)

 

美容外科のスペシャルケアとは?

「一番効果が高いのは、前に出た目の下の脂肪を除去し、脂肪やコラーゲン、ヒアルロン酸などを注射で注入して整える方法です。

 

目の下の脂肪を除去するだけ、または注射だけ、という選択もあります。注射だけなら6万円くらいから、というケースが多いでしょう。クマの状態によって方法はいろいろあるので、興味がある方は美容外科に相談してみてはいかがでしょうか」(黒田先生)。

 

まとめ

私は40歳過ぎたころから、しっかり寝た次の日もクマがくっきり出るようになり、今や顔の一部になってしまっています。この先、良くなることはなくむしろひどくなると思うと、どうにかしなくては…と考えさせられました。皆さんはいかがでしょうか?

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


取材・文:mido

ライター歴25年。35歳で第1子、38歳で第2子出産。最近、たるみが加速して二重あごが悪化。身長153㎝なのにLサイズの服が少しきつくなってきて……人生最後のダイエットを計画中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶