老け見えする肌のたるみ!改善には保湿とたんぱく質が大切だった【体験談】

忙しい毎日を送っていると、美容についておろそかになっていました。何年も同じスキンケアをしていて、年齢に見合った対策をしていない要因もあったのか、ふと鏡を見ると、フェイスラインが今までよりも下がってきていると感じ焦ったことを覚えています。サロンのスタッフによるアドバイスを参考にたるみ改善に取り組んだ体験談です。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
0 クリップ

たるみ改善のイメージ

 

続きを読む

40代の肌について知る

フェイスラインのたるみが気になり出したころから、動画でたるみ改善の運動をしてみたり、リフトアップに効果のありそうな化粧品を探してみたりしました。しかし、一時は良くなったように感じても、すぐに元に戻るので根本から変える必要があるのではと思い、40代の肌について調べてみることにしたのです。

 

化粧品関連の本や雑誌を読むと、40代は肌のコラーゲンが急に減り始めるころとありました。コラーゲンが不足することで、乾燥やハリ不足となり、シワやたるみの原因となるとも書かれていたのです。このほかに通っているエステサロンのスタッフに肌の悩みを相談したところ、40代という年齢からホルモンバランスが乱れて、肌荒れといったトラブルが生じやすくなると教わりました。

肌のたるみの原因は水分不足が大きい

葉っぱの水分のイメージ

 

30代のころから感じていた肌の乾燥では、43歳になると目の下あたりの皮膚が硬くなっていることがわかり、さらに深刻に感じるようになりました。またサロンのスタッフからは、肌がとても乾燥しているのできめの粗い肌となり、ハリが失われてたるみの原因となっていると聞きました。

 

乾燥すると肌細胞が広がりやすく、毛穴が開くことと同じで細胞も広がってしまうそうです。乾燥がたるみの原因になっているとは驚きで、その日からサロンで教わったとおりにコットンに化粧水を少し多めにつけ、化粧水がしっかりと浸透するまで塗るように心がけました。

 

さらに化粧水のほかに、肌の潤いを閉じ込めるような美容液も毎晩使用することに。サロンでデモンストレーションとして、私の顔半分に化粧水と美容液を塗って使い方を丁寧に教えてもらいました。化粧水だけでは、肌の表面から水分が出て行ってしまうので、クリームやエッセンスを塗って水分を閉じ込めるとさらに効果がありました。そのあと、左右のフェイスラインに大きな違いがあることを見て、乾燥はたるみの原因であるとはっきり自覚した瞬間でもあります。

 

たるみ対策には保湿とたんぱく質が大事

たんぱく質の食事イメージ

水分不足がフェイスラインのたるみの原因であることがわかり、せっせと毎日化粧水と美容液を塗るようにしました。ただし、水分をただ補うだけでなく細胞自体を潤いのあるものにするには、たんぱく質をしっかりととることも必要であると、サロンで教わりました。

 

細胞の多くはたんぱく質で作られているので、肌のターンオーバーを促すためには、たんぱく質を適量とることが大事であるということです。たんぱく質をとることで、ハリや潤いを保つ元気な細胞が作られるそうです。肌のターンオーバーは1カ月ほどかかるので、長い目で見て食事内容を見直し、朝食にはたまごなどを、昼と夜も鶏肉や豚肉をはじめ魚や豆腐といったたんぱく質を必ずとるようにしました。

 

まとめ

43歳になって気付いたフェイスラインのたるみ。サロンのスタッフのアドバイスを参考に、化粧水をたっぷりと与え、水分を逃さないようにクリームでフタをすることで、ハリのある細胞が生まれフェイスラインのたるみも改善されました。ただ化粧水の塗り方を変えるだけで、ぐっとフェイスラインが上がることに驚きを感じました。

 

さらに古い細胞からみずみずしい新しい細胞にするためには、食事にたんぱく質を取り入れることも意識するようにしています。ちょっとした工夫と意識でフェイスラインのたるみが改善されたので、日々のケアの大切さを身をもって経験しました。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

イラスト/サトウユカ

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:Y.N.

大学生の子どもが2人。自宅で過ごすことが多くなり、パン作りやお菓子作りに励む。季節感を取り入れた生活が好きで、フルーツシロップ作りもしている。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP