「40歳を過ぎても胸キュンしたい!」私史上最強の推し、BTSにハマる日々【体験談】

「BTSってどんな存在?」と聞かれたら、私にとって彼らは生活の一部です。彼らそのものが癒やしであり、救いであり、笑顔にしてくれる……そんなグループです。これまでの40数年、私はアイドルにはまったく興味がありませんでした。でも、1年半ほど前に日本の音楽番組で「Dynamite」を歌っているBTSを見てから、家事などの合間に彼らのSNSや動画を見ることが楽しみの一つになりました。かっこいい自撮り写真、息の合ったダンスの練習動画、本番前のリハーサル風景、芸人なみに体を張ったバラエティー番組など、いろいろな表情を見せてくれる彼らにハマっていきました!

 

続きを読む

メンバーは7人7色!それぞれの持ち味が

BTSは2013年6月に韓国でデビューしました。ボーカル4人とラッパー3人の男性7人グループです。デビュー時は「防弾少年団」という名前で、韓国語では방탄소년단(バンタンソニョンダン)と言うため、今でも「バンタン」と呼ばれています。そしてBTSを応援するファンのことを「ARMY」と呼びます。

 

メンバーはラップ担当の頼れるリーダーRM。メンバーの最年長で「ワールドワイドハンサム」と呼ばれるほどのイケメンのボーカルJIN。BTSのほとんどの曲を手がけるラップ担当のSUGA。「ダンス隊長」と呼ばれるラップ担当のJ-HOPE。ハイトーンボイスと現代舞踊出身のダンスが魅力なボーカルのJIMIN。CGのような美貌を持ち俳優経験もあるボーカルのV。そして、最後に最年少ながら何でもできることから「黄金マンネ(マンネとは韓国語で末っ子の意味で、アイドルグループの最年少メンバーのこと)」と呼ばれるボーカルのJUNGKOOK。

 

7人それぞれに違った魅力があるのはもちろんですが、ステージや作品ごとに同一人物とは思えない姿を彼らは見せてくれます。

 

BTSに胸キュンで、夫が留守の寂しさが減った!

単身赴任のイメージ

 

BTSを好きになるきっかけは人それぞれだと思います。私は偶然見た歌番組がきっかけでした。そのころ夫が単身赴任となり、夜、子どもたちが寝たあと、よくひとりでテレビを見ていたのです。名前は聞いたことがあるという程度のBTSをハッキリ見たのはそのときが初めてでした。

 

歌番組が終わったあと、SNSで検索してみると写真や動画がたくさん見つかりました。メイクをしてバッチリ決めた姿だけでなく、一生懸命に練習している様子やバラエティー番組での様子が、さわやかだけどおもしろくて好感が持てました。夫がそばにいない寂しさもあったと思います。

 

7人のなかでもケラケラとよく笑い、糸目の笑顔がかわいいJIMINに胸キュンでした。見るたびにメンバーの髪型、髪の色、衣装などが違うため、最初は誰が誰だか見分けられず、JIMINと他の6人という見分け方をしていました。

 

しかし、そのうちに他のメンバーのこともわかるようになり、いつの間にかBTS全員のことが好きになっていました。彼らを応援していると、他のARMY、つまりファンともつながることができ、ワンオペ育児の大変さやひとりの時間の寂しさを埋めることができました。

 

BTSの曲はひとりで頑張る私の応援歌!

前向きなイメージ

 

BTSの楽曲にも救われました。特に『2!3!』という曲と『00:00(Zero 0‘Clock)』という2曲を聞いたときは号泣してしまいました。それぞれ1、2、3という合図とともに、きっとこれからは良いことがある、僕を信じてという意味の歌詞や、嫌なことがあって大変な1日でも24時を境にきっと明日は今日より良い日になると信じようという意味の歌詞があります。

 

夫が単身赴任で頼れる人もそばにいなかった私は、この曲を聞いたとき、BTSのメンバーが励ましてくれているように感じました。すごく疲れてしまった日や子どもを強く叱ってしまった日、なんとなくうまくいかない日などがあっても、明日は大丈夫だよと言ってもらえているようでした。

 

それまで「ひとりで大変だろうけど子どもたちのためにも頑張って」と、夫をはじめ周囲の人たちから言われていたので、BTSの「大丈夫だよ」というメッセージの曲に本当に癒やされ、前向きになれました。そしてBTSが「Love myself」というメッセージも発信していることを知り、頑張り過ぎずもっと自分を大事にしてあげようと思うようになりました。

 

まとめ

BTSを初めて知ったのは3年ほど前でした。そのときは「韓国のアイドルか」といった認識しかしていなかったのが、今では生活の一部、いいえ「生きがい」になっています。BTSを知らないころには戻れない! 心からそう思っている毎日です。家族や友人でもない人たちの幸せを願う日が来るなんて思ってもいませんでした。

 

コロナ禍が続き外出が以前よりも減っています。でも、その分SNSなどを通じてBTSのことを知り、他のARMYたちとつながる楽しさを知りました。そして、BTSのおかげで自分のことを以前よりも大切に思えるようになりました。これからもずっとBTSの「推し活」を楽しんでいきたいと思います。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:satomi 

最近お肌のことが気になってきたアラフォーライター。アラフォーになってからハマったK-POPアイドルの「推し活」に日々癒されている。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP