「ハンドベイン」は正しい情報を知ることが大切!自分でできる対処法も紹介

手の甲に青く浮き出た血管が目立つ「ハンドベイン」。特に痛みや不快感はありませんが、自分の手は常に目に入る部分だけに、一度ハンドベインが気になり出すと悩みはなかなか薄れないものです。ハンドベインの治療にあたって大切な心構えなどを、ハンドベイン治療の第一人者である大阪静脈瘤クリニック院長の佟暁寧先生にお聞きしました。

この記事の監修者

医師佟 暁寧先生

とう ぎょうねい。大阪静脈瘤クリニック院長。2010年9月清華大学第一附属病院心臓血管外科医員、2011年9月清華大学大学院心臓血管外科専攻博士課程、2018年4月大阪大学医学部附属病院心臓血管外科などを経て2019年4月伏見静脈瘤クリニック入職。2021年7月現クリニック入職。下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医。

ハンドベイン対処法

 

続きを読む

ハンドベイン治療は自由診療。費用の目安は?

――ハンドベインの治療の効果はどれくらい続くものなのでしょうか。

 

佟先生 僕のクリニックでおこなう治療では、基本的に同じ血管で再発をすることはないと言えます。ただし、太くて目立つ血管が消えたことで、それまでは気にならなかった細い血管が目につくようになる方もいらっしゃいます。細い血管は硬化療法で対応できますから、レーザー治療を2回も3回も受けるということにはなりません。

 

――ちなみに、ハンドベインの治療の料金はおいくらなのでしょうか?

 

佟先生 ハンドベインの治療はすべて自由診療となり、クリニックにより料金は異なります。僕が院長を務める大阪静脈瘤クリニックの基本料金は、硬化療法は片側57,000円、両側115,000円で、レーザー治療は片側152,000円、両側298,000円です。

一瞬でできる、ハンドベインが目立たなくなる対処法

悩んでいるイメージ

 

――ハンドベインの予防や改善のために、自分でできるセルフケアはあるのでしょうか?

 

佟先生 残念なことに、セルフケアで完全に血管が細くなる方法はないんです。ただし、一時的に手の血管を目立たせなくする方法はあります。

 

――ぜひ、知りたいです。

 

佟先生 手を下に向けると血流が多くなって手の血管が浮き出てきます。逆に、手を上に上げると血流の関係で血管が目立たなくなるんです。僕のお客さんにはアナウンサーさんやモデルさんなど撮影を伴う仕事に就いている方もいらっしゃるので、そうした方には「撮影の前に手を上にあげておくように」とお話ししています。肘を曲げるよりも真っすぐ伸ばしたほうが早く効果が出ますし、上に伸ばした手をヒラヒラと揺らすとさらに早く血管が目立たなくなるので、やってみてください。

 

ハンドベインの正しい情報を知ることが適切な治療につながる

笑顔のイメージ

――佟先生がこれまでハンドベインの治療をしてきたなかで感じた、お客様の変化を教えてください。

 

佟先生 遠方から飛行機とタクシーを使って来院された20代のお客さんがいらっしゃいます。その方は足が不自由で車椅子の生活を送っており、カウンセリングのときに「私には足はもうないので、手をきれいにしたいんです」とおっしゃいました。その言葉を聞いたときには思わず泣きそうになってしまいましたね。治療後に喜びの声をいただいたときには、この仕事をしていてよかったと改めて実感しました。

 

 また、京都で治療をおこなっていた時期には、土地柄、着物のモデルさんが多く来院されていました。着物は露出する部分が顔と手だけなので、ハンドベインがあると目立ってしまうらしいんです。僕が治療をおこなった着物のモデルさんのうちの1人は、以前着物の全国大会でベスト3に入賞した50代の方でした。そのお客さんにはレーザー治療をおこなったため、翌年の大会はダウンタイムのために出場できませんでした。でも、翌々年の大会では見事、優勝したそうなんです。その報告を聞いたときには、僕までうれしくなりました。

 

――気になっていたハンドベインを改善することで、自信が生まれるんですね。

 

佟先生 そのとおりだと思います。例えばネイリストのお客さんは、以前はインスタグラムでご自身のネイルを紹介するときに、手の甲が見えないような角度で撮影した写真を載せていたんですね。でも、ハンドメインの治療後は、手の甲まで全部写した写真を載せるようになりました。

 

――たくさんの有意義なお話を聞かせていただいたのですが、最後にあらためて、「ウーマンカレンダー」の読者にお言葉をお願いします。

 

佟先生 僕がこれまで治療をしたお客さんのなかには、ハンドベインの不確かな情報に振り回されたり、不適切な治療を受けてひどい状態になってしまった方もいらっしゃいます。ハンドベインで悩んでいる方には、ぜひ、正しい情報を知っていただけるようにと願っています。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライター熊谷あづさ

    ライター。1971年宮城県生まれ。埼玉大学教育学部卒業後、会社員を経てライターに転身。週刊誌や月刊誌、健康誌を中心に医療・健康、食、本、人物インタビューなどの取材・執筆を手がける。著書に『ニャン生訓』(集英社インターナショナル)。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP