「座った瞬間、寝入ってしまう」だるさと眠気を撃退する鉄分補給がラクラクできた理由は…【体験談】

あるころから、体のだるさと吸い込まれるような眠気に悩まされるようになりました。息子のお弁当作りのために早起きしているからと思い込んでいたのですが、職場の後輩のひと言で貧血気味なのかもしれない!と思い始めました。そこで、鉄分たっぷりの果実ジュースを見つけ、飲み続けてみた私の体験談です。

この記事の監修者

医師駒形依子 先生
産婦人科 | こまがた医院院長

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。

 

続きを読む

いつもだるくて、急に眠くなるのは?

いつからか朝起きるのが大変で、目は覚めているのですが体が思うように動かなくなりました。さらに、食後は特別眠くもないのに、座ったままスーッと寝てしてしまう日もしばしば。「きっと息子お弁当作りで朝が早くなったせいだ……」と思っていたのですが、そのうち電車でも座った瞬間にスーッと寝入ってしまうようになり、とうとう仕事が終わりホッとした瞬間にその場でスーッと寝てしまったのです。すると一緒に仕事をしていた後輩が「もしかして貧血ですか?」とひと言。私は、この言葉にハッとしました。

 

「そうだ! この急に襲ってくる眠気は貧血なのかもしれない!」。言われてみて思い出したのです。2年前に体調を崩して血液検査をおこなった際に、その数値を見た医師から「心配していたような病気ではないね。心配なのはどちらかというと貧血気味なところかな。すぐにどうってことではないけれどね」と言われていたのです。言われたばかりのころは食事など気を付けていたのですが、もうすっかり忘れてしまっていました。

 

そういえば妊婦のときも同じ症状だった!

妊婦のイメージ

 

「貧血なのかも!」とすぐに思ったのには、もう一つ理由があります。私は妊娠8カ月のころ、すぐにボーっとしたりウトウトしたりしていたのですが、検診のときに貧血気味と診断され、鉄分の薬をいただきました。そして、その鉄分を飲むと頭がハッキリとし、それまでいかにボーっとした状態だったのかがよくわかったという経験がありました。

 

今回の症状もあのころと同じだと思い、まずは食事から気を付けていこうと思っていたところ、鉄分をはじめとする多くの栄養がとれる「豊潤サジー」(一般価格4,060円、定期会員価格3,040円)という果実ジュースをネットで発見。最初は、なるべく普段の食事で鉄分を摂取したいと思っていた私でしたが、もうすでに不足しているのだからジュースの力を借りてみるのもありかも!と思い、早速500円のお試しキャンペーンに申し込みました。

 

届いたジュースはとっても濃厚かつ酸っぱくて、最初は氷を浮かべながら少しずつ飲んでいました。しかし、徐々にこの濃厚な味にハマり、夕食後に飲むのが楽しみとなりました。

 

鉄分たっぷりジュースを飲み続けた結果…

豊潤サジー

 

1本飲み切るのに1カ月とちょっとかかりましたが、飲み切ったころには朝起きた際に以前のようなだるさはなく、スッキリと起床できるようになっていました。そして、食後やふとした瞬間にすぐに寝落ちしてしまうこともなくなっていたのです。体の中から元気になった!という感じで、気が付くと肩凝りや頭痛などもあまり気にならなくなっていました。

 

加齢のせいか生理が不順で出血量がとても多い月もありますので、やはり食事からとる鉄分だけでは不足していたのかもしれません。とにかくだるさが解消されて、1日の始まりである起床からスッキリとした気持ちでスタートでき、毎日元気に過ごせるようになりました。

 

まとめ

貧血の症状は目に見えない上に、毎日の生活のなかでささいな変化となって表れるので気が付きにくいものだと思いました。しかし、私の場合は果実ジュースのおかげで体中の血液に鉄分が行き渡ったのか、だるさの解消、頭痛、肩凝りの改善といううれしい結果を得ることができました。何より、貧血症状が和らいで体の中から元気が出てきたことがとてもうれしいです。

 

これまで私はあまり健康食品などを取り入れることはありませんでしたが、少しずつ起こってくる体の変化に耳を傾け、健康食品などの力も借りながら、毎日を元気に過ごしていきたいと思います。

 

※本記事内の価格表記は、すべて消費税込みの価格です。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

イラスト/サトウユカ

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:パル

シングル。高校生の息子と亡き夫に支えられて、前向きに暮らしている。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP