「この解放感は何…?」モラハラ夫から離れ束の間の自由を手にした妻。しかし夫が不機嫌な顔で帰宅して #モラ夫 62

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第62話。離婚済み2児シンママ・モグさんと顔がタイプのモラハラ元夫との体験談です。とある1月の休日に夫の自宅で開かれた新年会での話。

「マロ家の嫁だから」と、食事づくりやお酌などをさせられ、ぐったり。

 

さらに夫の親戚が、息子のタロくんにお酒を飲ませようとする事件が勃発!必死に守ると、「空気を読め」「俺に恥をかかせるな」と理不尽にキレられたモグさん。

 

その後、新年会が終わろうとしても誰ひとりお皿一枚下げようともせず、義母だけがせっせと片付けをしている異様な光景。

 

モグさんもお皿を片付けていると、ありえない出来事が……!

 

続きを読む

セクハラされた!でも文句も言えない…そのとき夫は?

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第62話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第62話

 

べろべろに酔っぱらった親戚に、おしりを触られた! 勝手に触ってセクハラするなんて、信じられない……! もうこんな下品な人たちとは関わりたくないと、心底思ったというモグさん。

 

そのころ、夫は飲みすぎて一人で爆睡。何度も起こそうと声を掛けても、一向に起きない。義母に「このまま寝かせてあげたらどう? 私もマロが泊まってくれて嬉しいわ」と言われ、息子と二人で帰宅することに。

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第62話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第62話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第62話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第62話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第62話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第62話

 

夫と離れ、息子と二人で家に向かっていると、さっきまでの疲れが吹っ飛んでしまうような解放感が~!

 

久しぶりに自分の時間を満喫できる夜。2人きりになると夫婦生活の話ばかりする夫も、今日はいない!

 

お菓子と紅茶を用意して、録画しておいたドラマを一気見。昔は当たり前にできていたこの時間が、こんなに貴重な時間だったなんて……!

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第62話

 

 

束の間の自由を満喫したモグさん。しかし翌朝、またしても不機嫌な顔をして帰って来た。

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第62話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第62話

 

「顔で選んだ夫がモラハラ夫だった話」第62話

 

「なんで起こしてくれなかったの? 昨日ゲームのアプデがあって絶対やりたかったんだけど!」

 

知らんがな。夜やるつもりだったゲームができなくて機嫌を損ねて、八つ当たりする夫。さらに自己中発言は続いて……。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターモグ

    2児の母でシングルマザー。顔が好みの夫と結婚したら結婚後モラハラ夫に豹変。数年間のモラハラ結婚生活体験談を鳥頭ゆばさんによりマンガ化。著書『顔で選んだダンナはモラハラの塊でした』(KADOKAWA)

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • 通報
      すげーわ
      ここまでの子供のような身勝手な言動を恥ずかしげもなく出来るってすげーわ
      さっさとクズは屑籠にポイしないと
      +23 -0
    • 通報
      いや、帰りたい理由がゲームかよ
      +51 -1
    • 通報
      その解放感、毎日感じたくない?離婚するなら、今でしょ。
      お前のゲームのアプデ情報なんざ知るか。勝手にベロ酔いして勝手に熟睡してたんだから自業自得だろ。誰も悪くないわ。 
      +65 -0

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP