「ふむふむ…」診察中の医師の反応はいい感じ!と思いきや…!? #妊娠が超ハードだった話 10

「コロナ禍での妊娠が超ハードだった話」第10話。わこさんは、持病にパニック発作を抱える妊婦さん。つわりやおなかの張りに悩まされつつ、なんとか里帰りをしました。しかしある日、切迫早産(早産の危険性がある状態)の診断を受け、突然入院することに。前話で、入院を機にパニック発作を発症しますが、助産師さんに励まされ落ち着きを取り戻します。今回は、病院食の時間。美味しいことで人気の病院なのですが、わこさんに運ばれてきた病院食は……?

そして、その後、わこさんの妊娠の経過は……!?

 

「コロナ禍での妊娠が超ハードだった話」第10話

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話 #10

 

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話 #10

 

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話 #10

 

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話 #10

 

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話 #10

 

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話 #10

 

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話

※実際の点滴は、滴下筒→輸液ポンプ→クレンメの順につないでおこなわれます。

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話

コロナ禍での妊娠が超ハードだった話 #10

 

わこさんが入院している病院は、地元では病院食がすごく美味しいと聞いていた病院でした。

 

しかし、わこさんに運ばれてきた食事は……。

 

ザ・病院食!

 

薄味で、柔らかく歯ごたえがほとんどありません。さらには、「食パン×切干大根」など、普段なら食べないだろう組み合わせも出てきます。これは、わこさんにはアレルギーがあるため、アレルギー対応食になっているからなのでした。

 

入院生活にも少し慣れたころ、検査をしておなかの張りが多いことから、点滴の量が増やされました。点滴を落とす速度も上げられて、副作用が復活

 

つらく、心細くなってしまったわこさんは、夫の声が聞きたくなります。

 

「話がしたい」

「さびしい」

「つらい」

 

しかし、絶対安静のわこさんは、電話をかけられる場所に移動することすらできませんでした。

 

 

次回、わこさんはバースプランを書くことになります。わこさんが書いたバースプランとは……!?

 

監修/助産師REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターわこ

    30代よわよわ主婦。2020年9月に娘を出産し、夫と3人暮らしです。妊娠出産のエピソードや日々の出来事をInstagramやブログに投稿しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶