パサパサだった髪にツヤが戻った!育児や家事に忙しくてもできた簡単ケア

髪のツヤがなくなってきたことに悩んだ40代の女性が、家事と子育てで忙しくてもできる超簡単なヘアケア方法を発見! 寝ているだけでできてしまう、手軽さ満点なのに効果アリなヘアケア方法を紹介してくれます。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。

髪の毛のイメージ

 

37歳、40歳と2人の子どもを出産し、抜け毛などの髪の悩みが始まりました。さらに40代に入り、髪のツヤがないことにも悩み始めるように。ヘアケア製品をあれこれと試しましたが、なかなか思うような結果は得られませんでした。そんなとき、ネットで見つけたあるアイテムを購入し、使用してみました。このおかげで髪のツヤを取り戻した体験をお話しします。

 

続きを読む

シルクのナイトキャップを購入

シルクのナイトキャップのイメージ

 

なんとか髪にツヤを取り戻すことはできないだろうかとネットで調べていると、簡単にできて私でも続けられそうな品物を発見! カラダノミライ自然通販というメーカーが販売している「COCOSILK シルクナイトキャップ 紐付き」(1,498円税込み)です。価格もお手ごろでカラーも豊富にありましたが、私は自分の髪と同じブラックを選びました。

 

こちらはシルクを使ったナイトキャップで、シルクの良さが力説されていました。なんでもシルクは人間の肌に近いたんぱく質でできており低刺激なので、髪や地肌が敏感な方にも適しているのだそうです。

 

また、メーカーによるとシルクには防菌作用があり気になる髪のにおいを防いでくれるそう。通気性抜群で放湿性が綿の1.5倍なので湿気がこもる心配もないそうです。

 

かぶるだけのお手軽ケアで髪の状態が改善!

シルクのナイトキャップのイメージ

 

ナイトキャップの使用方法は、シャンプーしたあとにしっかり髪を乾かして、髪をすべてキャップの中に入れるようにしてかぶるだけです。口コミによるとかぶり方は髪全体を内巻きになるように入れ、前髪はキャップから出しておくと癖がつかないとのことです。

 

初めて使用した翌朝、髪にツヤが出ており、うれしいことに寝癖も付いていませんでした。寝ている間にかゆくなることもなく、蒸れた感じもありません。私は1回の使用で効果が表れたことに驚きました。このナイトキャップは、今使っているお気に入りのシャンプーやトリートメントはそのままで、プラスワンアイテムとして使用できる点が取り入れやすかったです。ブラックのナイトキャップをかぶっているので髪の毛になじんで見えるのも良いところです。

 

メーカーによると、お手入れは手洗いが推奨とのこと。私は月に1回の割合で手洗いをしています。洗い替えでもう1枚あると良いなと思いました。

 

ツヤが戻って朝が気持ちよく過ごせるように

髪の毛のイメージ

 

今までは髪が気になり子どもの送り迎えに帽子をかぶることがほとんど。髪のお手入れも満足にできないそんな自分が嫌でした。今は髪にツヤが出たことで若々しく見えるようになり、帽子をかぶらなくても外出ができるように。

 

髪にツヤが戻ったことで気持ちが明るくなり、子どもの世話や家事にやる気が出ました。このナイトキャップに出合うまでは、朝起きて鏡を見るたびに今日もボサボサで嫌だなぁとがっかりしていたのに、自信が持てるようになりました。髪にツヤが戻ったことで気持ちまでこんなに変わるなんて思いもしませんでした。

 

また、ヘアセットも短時間で済むようになったので、忙しい朝に余裕ができたのもうれしい効果でした。

 

まとめ

シルクのナイトキャップで髪のツヤを取り戻すことに成功しました。夫に見られるのも恥ずかしいほどの寝癖が付いてボロボロだった髪の毛が、気にならなくなりました。何より、夫に髪の状態が良くなったと言われたことがとてもうれしかったです。

 

ナイトキャップをかぶるだけという簡単なヘアケア法は、効果があったのはもちろん、子どもの世話や育児に忙しい私にも取り入れやすくてよかったです。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:れいこ

電化製品好きな夫、保育園児の子ども2人、猫と暮らしている。コーヒーと美容家電が好き。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP