「首元に複数のイボを発見!」液体窒素でイボを除去してきれいな首元に【体験談】

ある日、首元がざらざらしていることに気付いてよく見てみると「首イボ」でした。そして、最初は「何これ?」と思っていた首イボが、いつの間にか大量発生している……。痛み、かゆみはないものの、増殖していることが気持ち悪く、皮膚科に通い始めることにしました。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。

 

続きを読む

「首元のイボ」とは何?

首イボができて、まずはこれが何なのか、ネットで調べてみました。「首 ブツブツ」の2語で検索して調べると、ブツブツは加齢性のイボとすぐに判明。首イボは摩擦が多い場所にできやすく、私の場合、首元全体に散見され、左側の首元のつけ根から鎖骨にかけて多く、バッグをかける位置、ネックレスで擦れる部分に特に増えていました。

 

そして、知らない間にここにもあそこにもと、どんどん増えていきます。肌と同じ色の首イボではあるものの、自分でも気持ち悪く、なんとかしないといけないと切迫感を感じました。私のイボはネットで検索した画像を見る限り「アクロコルドン(スキンダック)」のようでした。イボが大きく垂れ下がるようになる「懸垂性繊維腫」になると少しグロテスクでもあり、ひどくなる前に何とかしなくてはと思いました。

 

ホームケアでは効果がなく皮膚科を受診

病院の診察のイメージ

 

「首イボ 効果」とネットで調べると、ヨクイニン成分が首イボに効果的とヒット。そこで、ヨクイニンを成分に含むハトムギ化粧水でホームケアもしてみました。しかし、結論から先に言うと、効果はありませんでした。

 

子どもの習い事のママ友と会話していたとき、ふと年齢を感じるタイミングの話題になり、首イボができたことを伝えました。すると「皮膚科に行ってみたら?」とアドバイスをもらいました。実は、ママ友も首元のイボに悩んでいる人で皮膚科に通っていたのです。意外と首元のイボに悩んでいる人は多いのかもしれないと思いました。

 

そのママ友が通っている皮膚科を教えてもらい、通い始めました。便利だったのは自宅からネットで予約番号を取ることができ、診療時間直前に病院に行けばいいこと。人気の皮膚科のため、当日の予約を取るのも早いもの勝ちなのですが、病院まで行かずに自宅から予約が取れる点が便利でした。

 

液体窒素の治療をスタート

病院の受付のイメージ

 

皮膚科では、まず首イボの状態のを診察があり、どんな治療法をするか相談しました。ネットで調べたとおり、私の首イボは「アクロコルドン(スキンダック)」で、皮膚科で治療できるのはレーザー治療、液体窒素の2通り。レーザー治療のほうが値段は高いことの説明がありました。その代わり、レーザー治療のほうが通う期間は短いそうです。

 

私は、値段が安い液体窒素の治療法を選択。 治療は診療室の椅子に座ったまま、医師が液体窒素を首元に吹きかけます。麻酔はないですが、ゴムで弾かれるくらいのパチッとした痛みで、大人なら耐えられる程度だと思いました。吹きかけられるときは一瞬、びくっとします。手際よく何回も吹きかけていき、1回の治療は5分程度。あっという間に1回目の治療は終わりました。

 

液体窒素を吹きかけた部分は赤みを帯びていて、次第に赤い部分がかさぶたになっていきました。かさぶたが剥がれると、首元のイボはなくなっていました。

 

皮膚科ではトラネキサム酸の錠剤を処方され、自宅で飲んで体内からのケアもおこなっています。1回あたりの治療費は、液体窒素の施術が1,500円ほど、トラネキサム酸の薬は500円ほどで1週間あたり2,000円程度でした。レーザー治療だと2万円ほどはかかると言われたので、金額としては2つの治療法にはかなり差があると実感しています。

 

通院から3カ月後の今も治療中

病院の診察のイメージ

 

現在、通院期間3カ月で、まだ治療中です。1週間に1回通っていますが、そのときにある首イボをこまめになくしていく感じです。見える部分の首元のイボに液体窒素を吹きかけて、様子を見ながら違う場所もおこなっていくため、治療してもほかの場所からイボが出てきたりして、なかなか終わりません。

 

最初の1回目は液体窒素を吹きかける音が怖くて少し緊張しましたが、2回目からは慣れもあり、リラックスして通えています。

 

途中、子どもの学級閉鎖や学校閉鎖もあったため、お休みを挟みながら通っています。首元のイボはまだ残っているため、3カ月経過した今も通わなくてはいけない状態。まったくなくなるまでには長期間必要なようです。

 

まとめ

まだ新しい首イボがぽつぽつ発生しているのに気付いたりして、首イボとは終わりがない戦いのような気がしています。エイジングケアは終わりのない道なのでしょうか……。

 

イボはまだ小さく色もなので大きく目立っていません。首イボが大きくなる前に対処し、いずれはきれいな首元になることが目標。美しくなるために努力していきます!

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

イラスト/サトウユカ

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:Kumiko3

夫と小学生2人の4人家族。Webライター。子育てしながらの仕事は想像以上に大変。アラサーよりも疲れやすく、美容院では肩凝りを指摘され、夕方にはエネルギー切れ。白髪も生えてきて、毎日イライラするのはもしかして更年期!?それでも身だしなみは整えて、目指せナチュラル若見えキラキラ美人!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP