「生理の不快を解決したい!」40代で初めて月経カップを使ってみたら…【体験談】

40代になって、生理周期が乱れたり、量が増えたりするようになった私。周期の乱れは比較的対応しやすかったのですが、問題は量が増えたこと。特に仕事で長時間集中するときや夜などに、ナプキン交換が間に合わず漏れてしまったり……ということも増えました。そんななか、話題の月経カップを使ってみたらとても快適に。月経カップを使ってみた体験談を紹介します。

この記事の監修者

医師駒形依子 先生
産婦人科 | こまがた医院院長

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。

 

続きを読む

40代に入ってから生理が不安定に

30代までは生理周期も量も安定しており、生理について特に悩むこともなかった私。

 

それが40代に入って、まず生理周期が不安定に。周期が短めになり、3週間ほどで次の生理が来ることも。調べてみると、更年期前の症状としてよくあることだそうです。納得はしたものの、次は生理の経血の量が多めになりました。特に1~2日目の量がぐっと増えたのです。

 

これには仕事で長時間座っているときや、週末の夜など長めに寝たいときなどに困りました。ナプキンをこまめに取り替えたり、大きめサイズを使ったりするものの、量が多いと肌も刺激を受けやすく、ストレスも増加。それでも、生理は自分でコントロールできるものでもないと諦めていました。

 

そんなとき、月経カップのプレゼント企画に出合いました。月経カップは体内に挿入して経血を受け止める生理用品と知り、興味を持って応募したところ当選。運良く月経カップを入手したものの、いざとなるとしり込みしてなかなか使えず、最初の2カ月ほどは月経カップを横目にいつもの紙ナプキンを使う……という生理期間を過ごしていました。

 

思い切って月経カップを使ってみたら

月経カップのイメージ

 

ところが生理2日目のある週末、「やっぱり週末の夜はゆっくり寝たい!」という欲求が湧き上がり、思い切って月経カップを使ってみることに。週末で時間にも心にも余裕があったので、まずは月経カップについてのネット記事を大量にチェック。使用された方の体験談などをしっかり頭にインプットして、40代にして初の月経カップ使用に臨みました。

 

まずは説明書にあるとおりに月経カップを電子レンジで煮沸消毒。これが面倒だと思っていたのですが、やってみると意外と簡単でした。そして、いざ月経カップを体内に挿入。多くの体験談で目にしていたように、私も最初はなかなかうまくできませんでしたが、「リラックスして思い切って挿入したほうがうまくいく」との記事を思い出し、力を抜いてグッと深めに入れてみると成功! やはり何ごとも思い切りが大事だと実感しました。

 

その後は、足の間に何かが挟まっているような軽い違和感はあるものの、痛みなどはまったく感じず、夜もぐっすり眠ることができました。私の月経カップは「最大12時間装着可能」と明記されているものなので、朝まで漏れを気にせず眠れて快適でした。

 

受け身でなく生理に向き合えるように

前向きなイメージ

 

そして、迎えた翌月の生理。今度は、思い切って出社時に使ってみようと思いました。職場で度々トイレに立つのも、漏れを気にしながら仕事をするのも嫌でしたが、月経カップならその2大不快を解決してくれると気付いたからです。

 

早速、生理2日目に試してみました。経血が体外に出ないので、仕事中、姿勢を変えるごとにドキッとしなくて良いのは本当に快適! 多少の違和感はありますが、それでもトイレに立つタイミングなどを気にせず仕事に集中できるのは本当にラクでした。

 

帰宅後に外そうとしたところ、さすがにカップがいっぱいですぐに外れず、少し焦りました。やはり2日目はもっとこまめに外すのが良さそう。外したら水洗いだけで再装着できるとはいえ、私は外出先で月経カップを扱えるほどには慣れていないので、当面は付け外しは自宅ですることになりそうです。ちなみに、煮沸消毒は毎月の使い始めだけで良いのでラクです。

 

月経カップのもう一つのメリットは、経血が肌に触れず肌ストレスがないことです。人にもよると思いますが、私は特に経血の多い1〜2日目は月経カップ、それ以外は通常のナプキンというサイクルで使うのが合っていると感じています。

 

まとめ

このように、自分の生理の特徴やライフスタイルに合わせて生理用品を使い分けるようになってから、生理に対して受け身でなくなったことは、私のメンタル面にも大きなメリットでした。生理がただ憂うつなものではなく、今回はどのように対処しようかなと能動的に考えることができる。このメンタルの変化は、月経カップ使用による思わぬ副産物だと感じています。

 

今の私には、月経カップと紙ナプキンの使い分けが合っているようですが、最近は生理用品の選択肢も増えています。更年期に近づくなかで、さらに合うアイテムとの出合いがあるかもしれません。変化する生理に振り回されるだけなく、能動的に更年期に向き合えたらと、改めて思っています。

 

※過度な長時間使用はトキシックショック症候群(急な発熱、吐き気、めまい、失神などの症状)を引き起こす可能性があるため、パッケージ等に記載されている時間や使用方法をしっかり守りましょう。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:まっちゃ

40歳で再び独身に戻った、バツ2シングルマザー。30代まではボディラインにも肌にも自信あり。40代初期はプロポーションを褒められたり、そこそこモテたりでいい気になっていたが、40代半ばになり加齢の現実を徐々に目の当たりにしている最中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    医療の新着記事

  • PICKUP