「うねり髪の原因は?」美容師に聞いた対処法で髪を元気に!【体験談】

10代、20代を通してツヤのあるストレートだった私の髪も、娘たちを出産してから切れ毛とパサつきが気になるようになり、40代になった今ではうねり毛が加わってまとまりのない髪になってしまいました。ヘアクリームをつけてもスプレーで固めてもうねり出す私の髪。ただでさえ肌のたるみやシワが気になって女性としての自信を失いつつあるなか、追い打ちをかけるように気になり出した髪の悩み。なんとかしたいと思い、行きつけの美容師さんに対処法を聞いてみることにしました。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
2 クリップ

 

うねり毛は髪の老化現象?

行きつけの美容室でうねり毛の悩みについて相談してみたところ、原因は頭皮の筋肉の衰えとのことでした。若いときには頭皮の筋肉が元気なので毛根をしっかりと支えられ、髪も心おきなく成長します。しかし年齢とともに頭皮の筋肉が衰えてくると、毛根を支えられずに不安定な状態で髪が伸びるため、うねった髪が生えてくるそうです。

 

私が一番気になっている襟足のうねり毛も、皮膚がたるみやすいので特にうねりやすい部分とのことでした。また、加齢によって生えてくる白髪もうねり毛の一因だそうです。白髪を見つけるとつい抜いてしまいたくなりますが、無理に抜くことによって根元部分の毛穴がゆがみ、そのあとに生えてくる髪がうねってしまうとのこと。

 

私は美容室でうねり毛の原因と対策についていくつか聞いてみました。

 

頭皮の若返りに欠かせないマッサージ!

頭皮のイメージ

 

美容師さんのお話によると、うねり毛は頭皮の老化によって起こるそうです。老化した頭皮を復活させるためには、頭皮マッサージが効果的であると伺い、早速試してみることにしました。

 

基本的には生え際から頭頂部に向かって手のひら全体を使って圧をかけていきます。少し手のひらを回すように圧をかけるのが良いようです。あまり強く押さえると摩擦によって皮膚にダメージを与えてしまって逆効果になる場合があるので、じんわりと心地良い程度に抑えるのがおすすめとのこと。

 

私は特にうねり毛が気になる襟足部分や白髪の多い部分を念入りにマッサージするようにしました。マッサージは入浴時、洗髪のついでにおこないます。1週間ほど続けただけで、なんとなくうねり髪が改善したように感じました。

 

乾燥はうねり毛の敵!

ドライヤーで髪を乾かすイメージ

 

髪の主成分であるたんぱく質は、紫外線やドライヤーの熱に弱く、乾燥することでダメージを受けてしまうとのこと。

 

髪が乾燥すると、1本の髪の中で水分量の多い部分と少ない部分の境目がうねるそうです。肌と同じく髪の日焼けも気にすることは、うねり髪対策に必須。

 

また、お風呂上がりに濡れたまま放置したあとのドライヤーは頭皮にダメージを与えてしまうらしく、タオルドライしたら時間をおかずにドライヤーで乾かすことが大事なようです。

 

子育て中はお風呂上がりにゆっくりドライヤーをかける時間などなかなか取れないものですが、心を鬼にして髪を乾かすまでは子どもに待っていてもらうことにしました。

 

美容師さんおすすめのドライヤ-テクニックとして、タオルドライした頭に乾いたタオルを掛け、その上からドライヤーをかけると早く乾くとのこと。試してみると普通にドライヤーをかけるよりはいくぶん早く乾くように感じました。

 

まとめ

洗髪時の頭皮マッサージと入浴後すぐにドライヤーで乾かすこと。よくよく考えてみると若いときのほうが習慣的におこなっていたように思います。頭皮の若さを維持するために大切なことは、ケアをずっと続けることだと感じました。

 

うねりの少ない元気な髪をキープするために、これからも頭皮マッサージとドライヤーを続けていくつもりです。また、髪の主成分である良質のたんぱく質や、髪の発育を促す海藻類などの食品も多くとるように心がけていきたいと思います。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

イラスト/sawawa

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:陽

20代で出産した娘が成人式を迎えた矢先、46歳で妊娠。現在、2歳女児の子育てに奮闘中の鍼灸師。太極拳と書道が趣味で、着物を愛するレトロ母。20年前と今の子育ての違いに驚きと新鮮さを感じる毎日。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶