「こんなにもシワだらけだった?」老け見えする目じりのシワ改善によかったこと

ある日ふと鏡に映った自分の目の周りに老け見えを加速させるシワを発見した40代の女性が、アイクリームを使ってシワを見事撃退した体験談。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。

目尻のシワイメージ

 

20〜30代のころは基礎化粧品を専門店やデパートでそろえたこともありました。そんな私も、2回の離婚を経た今は、そんな贅沢はできない毎日に。それでも元敏感肌だったこともあり、基礎化粧品にはそれなりに気をつかってきたつもりでした。でも、ある日ふと鏡を見たときに気付いたショックな現実! 老け見えを加速する目の周りのシワと格闘し、切り抜けた体験談です。

 

続きを読む

自分の肌に向き合う時間を失いつつある40代

敏感肌用基礎化粧品のイメージ

20代のころは敏感肌に悩まされた私。医師にすすめられて、大手化粧品会社の敏感肌用基礎化粧品を専門店で買い求めたことがきっかけで、基礎化粧品にはかなり気をつかうようになりました。その時々の自分の肌の状態に合う化粧品を確認するために、必ず店頭でカウンセリングを受けてから購入するようにしていた時期もあります。一時期は仕事のお昼休みにデパートカウンターでカウンセリングを受けていたことも。そうして自分の肌に丁寧に向き合っているうちに、敏感肌は改善していきました。

 

でも2人目の出産育児、そして2度目の離婚と、金銭的にも時間的にもそのような余裕がなくなりました。それでも基礎化粧品は、30代後半からアンチエイジング系でそろえるなどの工夫はしていたつもりだったのですが、40代になり自分の肌に丁寧に目を向ける機会はすっかりなくなっていました。

ある日鏡を見て、目の周りのシワにがく然!

目じりが気になるイメージ

 

そのようなタイミングで迎えたコロナ禍。在宅勤務が続き、メイクをする機会も減ったせいで、さらに自分をしっかり見つめる時間は減っていました。そんななか、ふと鏡に映った自分を見たとき、目の周りのシワがぐっと自分を老け見えさせている現実にがく然としたのです。私、こんなにも目の周りシワだらけだった? この目の周りのシワがあるだけで、自分が実年齢より何歳も老けて見える……!

 

大きなショックを受けたものの、世の中はコロナ禍。化粧品店の対面カウンセリングを受けるのもはばかられます。そこでとっさに手に取ったのは、以前に通販で化粧下地を購入した際に付いてきたアイクリームのサンプルでした。

 

何げなく使い始めたアイクリーム、継続が重要?

レダミック R アイクリーム

 

それはラ ロッシュ ポゼというメーカーの「レダミック R アイクリーム」という商品のサンプルでした。 敏感肌用のサンプルなだけに目の周りへの刺激もなかったため、何げなく朝晩のスキンケアにそのサンプルをプラスして使うようになって数日。あ、あのシワがなくなっている! やはり目の周りの保湿が重要だったのかも……と実感するように。もしかしたらこのアイクリームを塗る際に、いつもより丁寧に目の周りをマッサージしていたのも、シワがなくなった理由の1つかもしれません。

 

30代までなら、サンプルを使い終えたらそれで終わり……となったように思います。ですが、あの目の周りのシワで老け見えした自分の顔が忘れられず、このアイクリームを通販で買い求めました。 敏感肌用で目の周りに刺激がなく、手が届きやすい商品。でもそれが、20〜30代のころほど経済的に余裕がなくなった40代半ばの私には継続しやすいアイテムでした。ケチケチ使う必要もなく、気軽に朝晩のスキンケアにプラスすることができています。それ以降、あの恐怖の目の周りのシワは、今のところ現れていません。

 

まとめ

自分では基礎化粧品に気をつかっていたつもりでしたが、40代の加齢悩みには不十分だったのかもしれません。目の周りのシワという悩みにピンポイントに効くアイテムを1点取り入れたことで、老け見え防止への第一歩を踏み出せた心境です。

 

今回、目の周りのシワができたことによって、自分の肌に丁寧に向き合う時間を少しでも確保することも重要だと感じました。これからは、どんなに忙しくても朝晩どちらかのスキンケアの時間は少しゆっくりおこない、自分の今の肌に向き合う。そうすることで、早めにお悩みを見つけて対処していけたらと思っています。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:まっちゃ

40歳で再び独身に戻った、バツ2シングルマザー。30代まではボディラインにも肌にも自信あり。40代初期はプロポーションを褒められたり、そこそこモテたりでいい気になっていたが、40代半ばになり加齢の現実を徐々に目の当たりにしている最中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    暮らしの新着記事

  • PICKUP