「これ以上髪を減らしたくない!」薄毛と本気で向き合い対策してよかったこと【体験談】

ある日、シャンプー後の排水口にたまった抜け毛にゾッとしたことが、自分の問題として薄毛対策を実践するきっかけとなりました。40代に入り、明らかに毛量が減ってきていることを実感してはいましたが、見て見ぬふりをし、育毛や抜け毛対策など特にしていませんでした。ですが、45歳を過ぎたころから家族や友人に「最近、髪の毛細くなった?」「髪減ってきた?」などと言われ始め、徐々に恐怖を感じるように。それから自分の頭皮・育毛について真っ向から向き合うことを決意し、薄毛予防をおこなってみた結果を報告します。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
2 クリップ

髪が気になるイメージ

 

癒やしの美容院に行くことが苦痛になる

毎月、いつもの美容院へ予約をするのがとても楽しみで、新しい髪型・髪色を美容師さんと相談するのも、理想的にきれいに仕上げてもらうことも月1回の癒やしでした。しかし、ある日お店の大きな鏡に映った私の頭頂部が透けて見え、施術中の美容師さんからも育毛シャンプーと頭皮マッサージをすすめられました。その日から、美容院の予約が月1回から半年に1回に。薄毛に気付かれることが嫌だったからです。

 

当時私は40代前半。自営業を始めたばかりで、目に見えない精神的ストレスや睡眠不足、不規則な食事時間など、今思うと思い当たる薄毛・抜け毛の原因がいくつかありました。日々のストレス、体調の変化などを和らげることで、薄毛・抜け毛を抑えることができるのか? 一番効果的な方法とは何なのか? 独自の探求が始まったのです。

年齢に合わせたヘアケアが必要?

頭皮マッサージ器のイメージ

 

これまでこれといったヘアケアをしてきたこともなく、20代の娘が使用するSNSで人気の甘い香りのシャンプーをなんの気なしに日々使用していました。でも、それも見直して、シャンプーの主成分は無添加のものを選び、頭皮に刺激がないものに変えました。

 

さらに、美容師さんに教えてもらった頭皮マッサージ。これも育毛には大切だと知ります。私の場合、緊急の薄毛対策だったので、頭皮マッサージ器を購入しました。平均的なマシーンの力でとても気持ち良く、後頭部や側頭部へもテレビを見ながらでも頭皮マッサージができ、すごく重宝しています。そうして育毛シャンプーと頭皮マッサージ器で薄毛対策の第一歩を踏みだしました。

 

レディースクリニックで薄毛治療開始

毎日の育毛シャンプーと、そのあとにおこなう頭皮マッサージは欠かさずおこなっていましたが、すぐに発毛や育毛の効果を実感できず、ついに本格的な女性の「薄毛の治療」を決心しました。それはレディースクリニックでの治療です。レディースクリニックでの毎月1回の治療内容は、主治医とのカウンセリング後に気になる箇所へ薄毛治療薬を直接頭皮に注射すること。一回の注射と処方薬は約3万円でした。

 

治療にかかる金額の高さに目が飛び出るほど驚きましたが、薄毛改善のためと、治療に約半年通い続けました。注射施術はチクッとした痛みがありますが、出血や大きな苦痛もなく通うことができました。処方された飲み薬も併用し、私のすべての薄毛対策がそろいました。結果ですが、クリニックでの治療がとても効果があり、2カ月過ぎたころには産毛がたくさん生えてきて、これにはビックリでした! もちろん育毛シャンプーと頭皮マッサージも続けています。

 

まとめ

40代半ばから、長い間薄毛を思い悩み、家族にも心配されるまでになっていましたが、地道に努力した結果、今では堂々と美容院へも月1で通えるようになり、したい髪型や髪色を楽しめています! また、友人とも映画やランチへ出かけたり、買い物にも必需品だった帽子なしで毎日行けるようになったのです。こんな日が来るとは当時考えてもいませんでしたが、家族にも安心してもらえたことが一番うれしかったです。

 

加齢の症状だから仕方ない、面倒なことはしたくないと諦めていたときもありますが、そこで諦めていたらずっと苦悩の日々が続いていたと思います。心機一転、自分の育毛に奮闘する覚悟と勇気を持ち、地道に頑張って本当によかったと思います。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:ittokeena

おしゃれにうるさい大学生の娘が2人いるので負けじと必死に美魔女を目指すアラフィフ母。専業主婦は運動不足になりがちなので、週3のジム通いを続けている。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶