「化粧水が浸透しない…」ブースター化粧品で肌への浸透が変わった!【体験談】

40代になり、肌のごわつきが気になってきました。値段が高い化粧品を買っても浸透しなくなったと感じています。そんな私の「ごわごわ肌」を助けてもらえ、エイジングケアのきっかけを作ったのがブースター化粧品です。口コミで高評価の化粧品を使っても、いまいち浸透している実感が湧かなかったタイミングからブースター化粧品(導入美容液)を使い始めた結果についてお伝えします。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。

 

続きを読む

ブースター化粧品を使い始めたきっかけ

私が化粧水の前に使い、化粧水の肌なじみをよくするブースター化粧品(導入美容液)を使おうと思ったきっかけは、使っている化粧水や乳液が全然肌に浸透している感じがしなくなったためです。

 

化粧水にはこだわりがあり、時短できるミスト状の商品を使っています。きりふきで顔全体に吹きかけて、その後に乳液。それまではお風呂上がりにミストをして、着替えたあとに乳液をつけていたのですが、次第に着替えたあとでも化粧水が浸透していないような気がしました。乳液をつけても乳液成分が「肌の上で残っている感じ」。化粧品が肌に浸透していかない気持ち悪さを感じていました。

 

とはいえ、化粧水は愛用していた医薬部外品を使いたかったこと、乳液も敏感肌用の乳液を愛用していたので変えたくありません。そこで、手持ちの化粧品をそのまま使うことができるブースター化粧品を使うことにしました。

 

製品によって手のひらでそのまま肌につけるタイプもあれば、コットンに適量を含ませて拭き取り化粧水のようなタイプもあります。私が使い始めた「タカミスキンピール」は、スポイト状のフタになっていて、適量を手のひらに出して使うタイプ。

 

美容雑誌に口コミがあり、どれも高評価だったことが私の背中を押してくれました。ただ、「タカミスキンピール」の成分詳細はどこを調べても書かれていなくて、美容オタクの私は成分を知りたかったものの、何も情報がなくて不安でした。

 

浸透力の速さに驚き!

肌に浸透するイメージ

 

「タカミスキンピール」の感想はさらさらとした「水のよう」。普通、美容液はとろみがあるテクスチャーが多いものなのに、「タカミスキンピール」はシャバシャバ系です。意外でした。

 

そして、弱酸性、無香料、無着色なので、まさに水のようと言い表すのがぴったりで、つけてみて本当に効果があるのか不安になるくらいでした。ブルーの薬瓶の中に入っていて、瓶のフタのスポイトで適量を出します。500円玉くらいを手のひらに出して、気になるところにつけていきます。私は頬を中心に、おでこ、眉間、小鼻や顎など顔全体につけました。

 

驚くのは浸透力の速さでした。肌の上に乗せるとすっと溶けるように消えていくのが印象的でした。ハンドプレスをしながらつけたのですが、普段使っている美容液よりも早く浸透していき、べたつく化粧品が嫌いな私も満足しました。効果があるか不安だったものの、1週間のお試しサイズを使ったときには、顎のざらつきがなくなり頬のキメが整ったので「これは良いかもしれない」となんとなくの実感があり、継続。

 

肌のターンオーバーは1カ月あるため、1カ月使い続けたいと思い、現品サイズを購入して今に至ります。肌の相性もあると思うのですが、私の場合は合っていました。

 

ブースター化粧品の大切さを実感

笑顔の女性

 

「タカミスキンピール」の現品サイズを使ってみて、ブースター化粧品の大切さを実感しています。

 

途中、使わない時期もあったのですが、やはり年齢のせいか肌が乾燥します。乾燥していると自覚症状があるだけなら良いのですが、時には眉間のあたりが粉を吹いたようになります。ファンデーションをつけるとその部分が目立つので、そこだけ日焼け止めにして前髪で隠すこともあったりして……。

 

先に述べたように、化粧水や乳液をたっぷりつけても浸透していかないので、化粧水や乳液の量の問題ではなさそうです。肌調子が悪いときは、「タカミスキンピール」を使って丁寧ケア。朝、晩の2回ちゃんと使います。時には浸透したあとに重ねづけまでして、ぜいたくにたっぷりと。水のようなさらっとしたテクスチャーはつけた直後は「本当に効果があるの?」と思いますが、すぐに浸透していき、その後につける化粧水や乳液の浸透スピードが違います。

 

使っているときは感じないものの、使わなくなると、化粧水や乳液が浸透していないと感じるため、やはり効果があるのだと実感しています。

 

まとめ

肌の調子が良いときには、1日1回夜につけて、肌の「底力をアップ」。肌のゆらぎを感じてしまうときには、1日2回、朝晩つけて丁寧ケア。自分なりのスキンケア方法がわかってきました。

 

今でも、春の花粉症の時期や、肌のゆらぎを感じる乾燥する時期、季節の変わり目には朝晩2回、しっかり使うようにして、肌の調子を手で感じるようにしています。いつもの化粧品にプラスして使うだけで良いのは、お気に入りの化粧品を変えずにいられるので手軽です。エイジングケアとして、取り入れてみたブースター化粧品(導入美容液)の「タカミスキンピール」は私の肌に合っていたようです。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:Kumiko3

夫と小学生2人の4人家族。Webライター。子育てしながらの仕事は想像以上に大変。アラサーよりも疲れやすく、美容院では肩凝りを指摘され、夕方にはエネルギー切れ。白髪も生えてきて、毎日イライラするのはもしかして更年期!?それでも身だしなみは整えて、目指せナチュラル若見えキラキラ美人!

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP