「あれ?きてない」毎月きっちりだった生理がストップ。原因は…ストレス!?

30歳になったころのお話です。体の調子は悪くなかったのですが急に生理が止まってしまったことがありました。そのときは習い事を始めてすぐのころで、発表会に向けてレッスンに無我夢中の日々。生理が遅れていることはわかっていたのですが、あまり深く考えずに放置してしまっていたのです。

「あれ?きてない」毎月きっちりだった生理がストップ。原因は…ストレス!?

 

「あれ?きてない」毎月きっちりだった生理がストップ。原因は…ストレス!?

 

無意識のうちに感じていた?

30歳になったころ、フラダンスを習い始め、発表会に参加することに。発表会までは3カ月ほど。毎週のレッスンに加え、他のクラスと合同レッスン、土日にもレッスンが入りました。

 

フラダンスがとても好きだったので、レッスン量が多くなることは苦にはなりませんでした。しかし、まだ習い始めてすぐのことで、発表会も間近。他のクラスとのレッスンなどで「はじめまして」の方と接することも増え、自分では負担に感じていなくても、無意識のうちにプレッシャーやストレスを感じていたのかもしれません。

 

生理がきていない…と気づいた

日々の家事と仕事の他に、発表会に向けてのレッスンが増えたことにより忙しくなり、自分の生理について無頓着になっていました。気づけば、毎月決まった周期できていた生理が1週間遅れていたのです。

 

しかし、習い事の友人から、「毎回、発表会前になると前は生理が止まることがあった」という話を聞いていたので、私も忙しかったから遅れているのだろうと、あまり深くは考えていませんでした。

 

そんなとき、ある友人に生理が遅れていることを話したら、「とても大事なことだから、軽く見ちゃいけない」と言われたのです。生理不順は体の不調を訴えるサインだとハッとした私は、産婦人科を受診することにしました。

 

産婦人科を受診して

しかし、レッスンでなかなか時間が取れず、結果的に発表会が終わってから産婦人科を受診。医師に生理が遅れていることを伝えました。いくつかの検査をしましたが、ホルモンバランスの乱れでしょうとのこと。ストレスで生理が止まることもあると医師に言われ、無理をしないようにと薬を処方してもらいました。そして、服用してから数日で生理がきたのです。

 

その後は生理の遅れはなく、発表会が終わったことでレッスン量も減り、穏やかな日々を過ごせています。この一件を通して、やはり生理は女性の体のバロメーターであることを身をもって感じました。

 

 

家事、仕事に加え、習い事で忙しくなり、気付けば生理が止まってしまった私の経験でした。習い事を始めたばかりでまだ慣れておらず、また新しく出会った人とのやりとりなどもあり、知らぬ間に負担がかかっていたのだと感じました。

 

忙しさから生理不順を放置してしまっていましたが、友人から助言を聞くことができてよかったです。これからも生理不順など、体に不調が出たときはしっかりと対応していこうと思います。

 

著者/中山真希
作画/ちゃこ
監修/助産師 REIKO

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターちゃこ

    漫画のお仕事をしています。インスタグラムでグルメ備忘録を更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶