「目の周りに肌色のプツプツがいっぱい…」これは何?イボ?白ニキビ?治し方は?【医師監修】

ふと鏡を見ると目の周りにプツプツとできものが……。「イボ?」「ニキビ?」「それとも別の吹き出物?」と鏡を見るたび気になってしまいます。どうしてできるのか、治るのか、どのように治すのかなど気になることについて、美容専門医の黒田愛美先生に聞きました。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。

 

続きを読む

目の周りのプツプツ。これって何?

稗粒腫(はいりゅうしゅ)という角質の塊

目の周りを中心にできる白いプツプツの正体は「稗粒腫」。角質の塊だそうです。

 

目の周りや目の下、まぶたなど顔の周辺にできやすく、直径1mm程度の白い粒状のできものを、稗粒腫と呼んでいます。

 

毛包(もうほう)という毛穴の奥にある皮脂を生成する腺の一部に角質がたまることにより発生します。

 

痛みやかゆみがないのが特徴で、感染性ではありません。体への影響も特にありません」(黒田先生)。

 

稗粒腫はどうしてできる?

肌が気になるイメージ

 

体質と加齢が原因

「はっきりとした原因はわかっていませんが、甘い物や脂っこいものをよく食べるとできやすいと言われます。また、加齢によるターンオーバーの乱れから増えることがわかっています。

 

ただ、甘い物や脂っこいものをよく食べる人全員にできるかというそういうわけでないので、その人の体質、としか現状では言えません」(黒田先生)。

 

治療すれば治る?

治療イメージ

 

治すには外科処置が必要

稗粒腫は、自然に治ることもありますが、スキンケアでは治りません。基本的には外科処置で除去するしかありません。

 

自分で針などでつぶそうとする方がいらっしゃいますが、炎症を起こして皮膚トラブルを引き起こしかねません。絶対にやめましょう」(黒田先生)。

 

美容皮膚科のほうが仕上がりはきれい

イボを、一般皮膚科で液体窒素を使って焼いてもらった経験がある人は多いでしょう。稗粒腫も一般皮膚科を受診すれば良いのでしょうか。

 

「一般皮膚科でも良いですが、美容皮膚科のほうが仕上がりはきれいになると思います。

 

一般皮膚科では、多くは液体窒素で焼きますが、美容皮膚科では炭素ガスレーザーで処置します。

 

炭素ガスレーザーは健康な皮膚を傷つけず、ピンポイントの処置ができます。費用はクリニックにより差はありますが、1mmにつき数千円程度といった設定をしているところが多いようです」(黒田先生)。

 

根治は難しく、再発もしやすい

炭素ガスレーザーで除去はできる稗粒腫。しかし、完全になくすことはできないと言います。

 

イボは根が浅いので液体窒素で焼いても傷は残りにくいのですが、稗粒腫は根が深く、どうしても腫瘍の根が残ってしまいます。処置が深くなればなるほど傷が深くなってしまうからです。

 

そのため、患者さんには、数年後の再発リスクを必ずお伝えしてから処置するようにしています」(黒田先生)。

 

まとめ

稗粒腫の数が多いときは、全部まとめた処置料金を提示されることもあるそうです。かなり目立って気になる、という方は美容皮膚科か一般皮膚科に相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


取材・文:mido

ライター歴25年。35歳で第1子、38歳で第2子出産。最近、たるみが加速して二重あごが悪化。身長153㎝なのにLサイズの服が少しきつくなってきて……人生最後のダイエットを計画中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    医療の新着記事

  • PICKUP