「うるさい!!」泣き止まない娘に怒りが爆発!感情が一気に溢れ出して… |病名は『産後うつ』です #20

「病名は『産後うつ』です」第20話。次女はなちゃんの1カ月健診で、医師から「産後うつです」と診断されたぼめそさん。実ははなちゃんを出産後、おなかの痛みから始まり、咳や動悸、不眠、全身のかゆみなど、さまざまな体の不調に悩まされていたのです。医師に相談すると「産後のマタニティブルーズという状態です」と言われ、薬を渡されたのですが、ぼめそさんが薬を飲むことはありませんでした。

病院を退院後は、実家で子育てをすることに。すると、長女こはちゃんと次女はなちゃんの育児の違いについて、次第に悩むようになっていったのです。

自分の限界を感じたぼめそさんは、思い切って旦那さんにある提案します。

 

それは、1カ月健診までこはちゃんを旦那さんに見てもらいたいというものでした。

 

すると、旦那さんからは2つ返事が!

 

こはちゃんは旦那さんが見てくれることになり、ホッとしたぼめそさんだったのですが……?

 

どうして? 育児の負担が1/2になったはずなのに…

病名は『産後うつ』です 第20話

 

病名は『産後うつ』です 第20話

 

病名は『産後うつ』です 第20話

 

病名は『産後うつ』です 第20話

 

病名は『産後うつ』です 第20話

 

病名は『産後うつ』です 第20話

 

病名は『産後うつ』です 第20話

 

病名は『産後うつ』です 第20話

 

病名は『産後うつ』です 第20話

 

病名は『産後うつ』です 第20話

 

病名は『産後うつ』です 第20話

 

病名は『産後うつ』です 第20話

 

病名は『産後うつ』です 第20話

 

病名は『産後うつ』です 第20話

 

病名は『産後うつ』です 第20話

 

(はなちゃんと2人だから、少しはラクになるでしょ……)

 

そう思っていたぼめそさん。

 

しかし、実際は期待していた以上の変化はなく、子育てに追われる日々……。

 

時計を見ては、「今日も1日が長い」と絶望していたのです。

 

そんなある日、はなちゃんは何をしても泣き止みませんでした。

 

(また抱っこかぁ……)そう思いながらも、

心の中では”抱っこしてあげたくない”と思ってしまったぼめそさん。

 

泣き続けるわが子に対して

「もう!!うるさい」と怒りをあらわにしたかと思うと、

次第に怒りが涙へと変わり、大声で泣き叫んでしまうのでした……。

 

 

家族のために、子どものために、いつもやさしく笑顔でいたいけど、そうできないときもありますよね……。​育児経験がある方は育児で悩んだり、追い詰められたりしたときがあると思います。皆さんはそれらをどのように乗り越えてきましたか?


ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターぼめそ

    2017年生まれの長女こはちゃんと2019年生まれのはなちゃんのママ。 Instagramで子育て漫画を描いています。数々の戦を乗り越えてきた古(いにしえ)のオタクです。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶