「更年期はアレルギー症状が悪化しやすい!?」まず始めたい意外な対策とは…【医師監修】

スギやヒノキ花粉のピークは2月半ばから4月とされ、まさに今花粉症に悩まされている方も多いでしょう。目のかゆみや鼻水、くしゃみなどつらい症状が続きますが、年を追うごとに悪化しているような気も……。そこで、更年期とアレルギー、特に花粉症による目や鼻への影響との関係について産婦人科医の駒形依子先生に聞きました。

この記事の監修者

医師駒形依子 先生
産婦人科 | こまがた医院院長

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。

 

続きを読む

花粉症は更年期のせい?

もともとのアレルギー症状が悪化しやすくなる

花粉症をはじめアレルギー症状に悩まされる更年期女性は多くいます。アレルギーと更年期には関係があるのでしょうか。

 

更年期は女性ホルモンが減ることで自律神経が乱れやすくなる時期。自律神経は免疫を司る器官でもあるため、免疫のバランスも崩れやすくなります。

 

その結果、もともとあったアレルギー症状は更年期に入ると重くなることがあります。また、突発的にアレルギーを発症することもあります」(駒形先生)。

 

ドライアイ、ドライノーズはなぜ起きる?

肌乾燥のイメージ

 

粘膜の乾燥が原因

更年期に花粉症が悪化しやすいのは、自律神経の乱れだけが原因ではないそうです。

 

女性ホルモンは組織の潤いを保つ働きがありますが、分泌が減ることで粘膜が乾燥しやすくなります。

 

そのため、目や鼻が乾燥するドライアイドライノーズといった症状が出やすくなります」(駒形先生)。

 

【ドライアイの主な症状】

・ ショボショボしたりするゴロゴロしたりする

・  疲れやすい

・ かすんで見える

・ 目がよくかゆくなる

・ 目の奥のほうが痛む

 

【ドライノーズの主な症状】

・ 鼻くそがよくたまる

・ 鼻の中がよくかゆくなる

・ 鼻の中にカサブタができる

・ カサカサしたような異物感がある

・ 鼻をかむと血が混じる

・ 鼻の入り口付近が切れやすい

 

ドライアイと同時に老眼も進行!?

「また、更年期のころは老眼も進む時期。視力を調節しているのは目の筋肉ですが、更年期の筋力低下で目の調節能力も低下していきます。

 

老眼は、老化によって目のピント調節機能が低下して、近くの対象にピントを合わせにくくなる症状ですドライアイと老眼が重なると、とても目が疲れやすくなります」(駒形先生)。

 

自分でできる対策は?

目薬イメージ

 

受診すればラクにはなるものの…

花粉症やドライアイ、ドライノーズは何もしなければ悪化しやすくなる……ということですが、対策はどうすれば良いのでしょうか。

 

「日常生活に支障を来すほどつらいのであれば、アレルギー科などを受診しましょう。

 

それほどではないというのであれば市販薬を利用しても良いですが、花粉症や鼻炎を抑える薬は、全身の粘膜を乾燥させて体液の分泌を抑える働きをしています。つまり、全身が乾燥するのです。

 

ですから、受診をすると抗アレルギーの内服薬に目薬や点鼻薬が処方されることが多いと思います。それは、乾燥した粘膜に潤いを与えるためなのです」(駒形先生)。

 

大切なのは便秘解消

もともと潤いが少ない更年期の粘膜を、薬でさらに乾燥させて涙や鼻水を抑えているということです。つらい症状は緩和されそうですが……。

 

「対症療法であり、根治療法ではないということです。

 

花粉症は、自分にとって毒に当たる物質が自分の容量を超えたときに症状が出る仕組みです。ですから、毒を排出していく努力をしないとたまっていく一方です。

 

体内の毒、つまり老廃物の大部分を排出しているのは便です。便秘だと、常に体に老廃物をため込んでいる状態のため、アレルギー物質に過剰に反応しやすくなります。

 

アレルギー症状の悪化を防ぐには、まずは便秘を解消することが大切です。その上で、花粉が飛ぶ時期はコンタクトレンズを眼鏡にする、目を洗うといった外からの対策が有効です」(駒形先生)。

 

まとめ

花粉症対策に便秘解消、というのは意外でした。駒形先生によれば、閉経すると生理による排出もなくなるので、便による排出はとても重要ということです。便秘のある方は改善に努めてみてはいかがでしょうか。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


取材・文/mido

ライター歴25年。35歳で第1子、38歳で第2子出産。最近、たるみが加速して二重あごが悪化。身長153㎝なのにLサイズの服が少しきつくなってきて……人生最後のダイエットを計画中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    医療の新着記事

  • PICKUP