「髪がうねってまとまらない!」美容師のアドバイスで髪がまとまるようになった方法【体験談】

更年期を迎えて髪質が変わったせいか、うねる髪が出たり、片方だけが跳ねてしまったり、ふんわりうまくまとまりません。昔はさらさらのストレートヘアが自慢だったのに、髪にハリやコシが失われ、以前のようなヘアスタイルが似合わなくなってきました。ブローしてもツヤが出ない! 髪はなるべく切りたくない! そんな悩みを抱えた私の取った対策をお話しします。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
2 クリップ

 

ショック!髪質の変化は老化のサイン?

片方だけ髪が跳ねる、うねるといった髪質の変化について、いとこの美容サロンにカウンセリングに行きました。彼女は長年美容業界にいるだけあって、髪も爪も手入れが行き届いていてきれい。いつもツヤツヤのセミロングをキープしています。どうやったら、彼女みたいにうまく髪がまとまのるか相談してみることに。

 

更年期になると女性ホルモンが減り、体内のコラーゲン量も減少するため、肌や髪の水分保持力も低下。 頭皮や髪も乾燥すると生え際のクセが強くなり、髪が跳ねるのだそうです。美容師の間では「エイジング毛」と呼ばれる、こうした大人になってから出てくる髪のクセやうねりは扱いが難しく、昔のようにはうまくまとまりません。

 

いとこのカウンセリング後、私が取った対策は次のとおりです。

 

1. シャンプー剤を見直す

2. シャンプーの方法を見直す

3. 流さないトリートメントをつける

4. ドライヤーでしっかり乾かす

 

追って順番に、実際におこなった様子をお伝えしていきます。

 

シャンプー前のひと手間とシャンプーの見直し

美容室のシャンプーのイメージ

 

まずアドバイスをもらったのが、シャンプーの方法です。いきなりシャンプーをするのではなく、シャンプー前に粗めのクッションブラシ(ブラシの根元部分がクッション状に柔らかくなっているもの)でブラッシングするのが大事なことを教えてもらいました。このひと手間で髪と地肌の汚れを浮かしてくれるそうです。

 

お湯の温度を38度くらいに調整して予洗いします。熱すぎるお湯で頭皮を洗うと、本来なら必要な皮脂まで溶け出してしまうため、頭皮が乾燥してしまうそうです。次に、シャンプーをよく泡立て、指で地肌をマッサージするように洗います。再び38度のお湯ですすぎますが、このとき頭皮にシャンプー成分の残留物を残さないように注意されました。髪の表面だけでなく、内側や耳の後ろ、後頭部などにもシャワーを当てて血流を促すようにしっかりすすぐのがポイントのようです。

 

また、シャンプーの方法だけでなく、家で使っているシャンプーを見直すようアドバイスを受けました。アミノ酸系シャンプーは洗浄力がやや弱いそうですが、適度な皮脂を地肌に残してくれるので、アラフィフ世代の地肌環境には最適だと教えてもらいました。

 

とはいえ、サロン仕様のシャンプーは、家族みんなで毎日使うにはやや高価なので、ドラッグストアでコスパの良いアミノ酸系シャンプーを探すことにしました。それまでは、よくテレビなどで宣伝されている石油系シャンプーを使っていました。泡立ちが良いのでしっかり洗える分、髪や頭皮の脂を取り過ぎていたような気がします。

 

髪質に合ったトリートメントをつける

ドライヤーで髪を乾かす女性

 

洗髪後の濡れた髪は、自然乾燥で放置すると雑菌が繁殖して、においやかゆみの原因になるのだそうです。かといってそのままドライヤーで乾かすと髪が傷んでしまうため、洗い流さないタイプのトリートメントをつけるのが良いとアドバイスを受けました。

 

トリートメントにはミスト・ミルク・オイルの3種類がありますが、私のような細くて柔らかい髪には、ミストタイプを選ぶのがコツとのこと。トリートメントは表面に被膜を作って髪を保湿してくれるそうです。

 

トリートメントについても、正しいつけ方を教えてもらいました。まず、しっかりタオルドライしてから、髪を粗めのくしでとかします。洗い上がりの髪は絡まりやすいので、毛先から中間、頭頂という順番でとかしていきます。

 

トリートメント剤を手に少量とって髪の毛先からコーティングし、再びとかします。このとき、たとえミストタイプのトリートメントであっても直接髪にスプレーしないよう注意されました。

 

ドライヤーを味方につける!

ドライヤーで髪を乾かす女性

 

美容院で乾かし方のコツも教えてもらいました。うねりを抑えるドライヤーのかけ方は、髪を下方向に軽く引っ張りながら乾かすと効果的なのだとか。前髪がある場合は、一番最初に乾かすと生えグセの収まりが良くなるそうです。

 

手ぐしで根元を引っ張りながら乾かし、8割方乾いたところで、ブラシで根元を立ち上げながら、中間から毛先にかけて乾かします。今まではタオルを頭に巻いたままでしたが、濡れたまま自然乾燥すると、タオルの中は体温で室内干しのような環境になるそうです。それが臭いやかゆみの原因にもなってしまうとか。

 

3つの対策を続けていくうちに頭皮の皮脂を取り過ぎず、清潔に保てるようになって、かゆみも解消されました。また、ブラッシングやシャンプーで血流を促すことができたせいで、気になっていた抜け毛も少なくなりました。髪の根元からしっかりドライヤーで乾かすようにしてからうねりも減ったような気がします。

 

まとめ

髪がうねる原因は人それぞれですが、私の場合はシャンプーを見直すこととトリートメントをつけて乾かし方を変えたことで、かなり改善されました。最初は「髪まで老化するなんて」と少しショックでしたが、対策を続けていくうちに、抜け毛が減り、髪の質感も変わったように思います。

 

現在はセミロングに伸ばし中なので、できるだけ切らずに毛流れを作って、バラバラになった毛先だけ調整してもらっています。ちゃんと乾かして寝るようになって翌朝のブラシの通りも良く、ブローなしでも丸くまとまるように。今後も対策を続けたいと思います。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

 

イラスト/村澤綾香

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:マヌカハニー

海と山が好きな元体育会系母。高齢出産後に視力と体力が落ち、毎日ブラッシングのたびに抜け毛の量に恐怖を感じている。最近、テニスエルボーから五十肩に移行してしまった。中二病の娘と反抗期の猫を抱え、犬の散歩に一縷の明かりを見出している。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶