これって陣痛!?臨月におこる生理痛のような痛み!前駆陣痛体験談

2016/10/26 12:00
15
1人目妊娠中はなかったのですが、2人目の臨月の時に何度も生理痛のような痛みがありました。痛くなるたびに陣痛かな、とドキドキしましたが、少し経つと痛みは治まります。臨月におこる生理痛のような痛みは「前駆陣痛」と言うそうです。陣痛は「本陣痛」です。前駆陣痛がおこることで、子宮口や産道がやわらかくなります。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産
陣痛
病院
破水

 

臨月のときに、何度も生理痛のようなおなかの痛みがありました。1人目の妊娠中はなかったのに、2人目のときはおなかもよく張り、痛みがくるたびにいよいよ出産かとドキドキしていました。

 

しかし、本陣痛が来たときには「これだ!」とすぐにわかりました。そんな私の陣痛体験談をお伝えします。

 

臨月におこる生理痛のような痛み

 

私は臨月に、度々生理痛のようなおなかの痛みがありました。キューっと痛くなるのですが、少し安静にしていると自然に収まります。外出してたくさん歩いたときなど、ちょっと動きすぎたかな?というときに、よく痛くなっていました。

 

痛くなる間隔と強さはまちまちで、1日に何回か痛くなる日もあれば、まったく痛くない日もありました。痛くなると、「もしかして陣痛?」とドキドキさせられていました。

 

 

生理痛のような痛みは「前駆陣痛」

 

臨月におこる生理痛のような痛みは「前駆陣痛」といわれています。出産につながる陣痛は「本陣痛」です。前駆陣痛がおこることで、子宮口や産道がやわらかくなり、赤ちゃんが産道を通りやすくなるのだそうです。

 

前駆陣痛は、チクチクした痛みや、腰が重くなるような感じなど、人によって感じ方が違い、前駆陣痛がないまま本陣痛になる人もいるようです。


本陣痛の痛みは全然違う!

 

臨月に痛みがくると、いよいよ陣痛かと思いますが、本陣痛の痛みは、前駆陣痛とはやはり違いました。本陣痛がきたときは、痛みがおさまってもすぐにまた痛くなり、痛みもだんだん強くなってきて、痛みの間隔も短くなります。

 

おなかが痛くなったら、とりあえず痛みの間隔を測るのがおすすめです。本陣痛の場合は、痛みの間隔が10分間隔になってきたら病院に連絡を!破水があった場合も、すぐに連絡してくださいね。

 

 

臨月になったらマタニティライフもあと少し。産んでしまうと胎動を感じていたのが懐かしくなります。赤ちゃんと会えるのを楽しみに、マタニティライフを楽しんでくださいね。(TEXT:河村あんじ)

 


この記事にいいね!しよう

いいね!
15

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。