「痛くないけどこわいぃぃ」掃除機のような音って!?何もかもが恐怖で… #乳がんが見つかった話 9

【乳がんが見つかった話 第9話】ライブドア公式ブロガーであり、2歳差姉妹を育児中のワーキングマザー・宝あり子さん。自身の実体験をもとに、乳がんが見つかってから現在に至るまでをイラストで綴っています。

生検(注射で患部の組織を吸引して採取し、顕微鏡などで詳しく調べる検査)をすることになったあり子さん。「では始めます」と医師に言われ、生検が始まり……。

 

※作品内ではマスクを省略して描いています。

 

痛くないけどひたすら怖い

「痛くないけどこわいぃぃ」掃除機のような音って!?何もかもが恐怖で… #乳がんが見つかった話 9

 

「痛くないけどこわいぃぃ」掃除機のような音って!?何もかもが恐怖で… #乳がんが見つかった話 9

 

「痛くないけどこわいぃぃ」掃除機のような音って!?何もかもが恐怖で… #乳がんが見つかった話 9

 

「痛くないけどこわいぃぃ」掃除機のような音って!?何もかもが恐怖で… #乳がんが見つかった話 9

 

「痛くないけどこわいぃぃ」掃除機のような音って!?何もかもが恐怖で… #乳がんが見つかった話 9

 

極度の怖がりだというあり子さん。最初に麻酔をしてからは痛みはなかったのですが、ただただ恐怖と闘っていたそうです。

 

医師が「生検は親知らずを抜くときと似ている」と表現したのは、おそらく「局所麻酔をするときだけ少し痛いけれど、そのあとは痛みはなくすぐに終わる」という意味だったのかもしれません。

 

生検は、病気の早期発見のためにとても大切な検査。あり子さんは「もし可能ならもっと早く受けていればよかった」と語っています。

 

 

監修/助産師REIKO

 


 

宝あり子さんのマンガは、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター宝あり子

    2歳差姉妹を育児中のワーキングマザー。 2020年に乳がんが判明。抗がん剤投与、手術後、現在ホルモン療法中。 ブログやインスタグラムで育児や乳がん治療のことをイラストで綴っています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶