「とっさに出た言葉だったのよ」驚愕…妊娠は嘘と認めた不倫相手のありえない言い分… #ママ友ありえない話 54話

「ママ友との間で起きたありえない話」第54話。不倫相手・怖美から流産報告を受けた元夫。しかし、産婦人科に通っていた形跡がないことで、「もしかして、最初から妊娠していなかった?」と疑惑を持って……。

産婦人科に通っていないのではないかと問い詰めるも、始めはなんとか取り繕おうとしていた怖美。しかし、ついに観念したのか「実は……妊娠は嘘だったの」と白状しました。

続きを読む

ありえない! 妊娠したと嘘をついた理由はまさかの…

 

ママ友との間で起きたありえない話54_1

 

ママ友との間で起きたありえない話54_2

 

ママ友との間で起きたありえない話54_3

 

ママ友との間で起きたありえない話54_4

 

ママ友との間で起きたありえない話54_5

 

ママ友との間で起きたありえない話54_6

 

ママ友との間で起きたありえない話54_7

 

ママ友との間で起きたありえない話54_8

 

ママ友との間で起きたありえない話54_9

 

ママ友との間で起きたありえない話54_10

 

「まさかあのK代さんが強気の態度をとってくるとは思わなくて、負けたくなくて」


「とっさに出た言葉だったのよ」
 

「お義母さんも味方してくれるし、このまま嘘を突き通せばあなたを手に入れられるって思ったの……」

 

「そして再婚した後に流産と言えばバレないって……」

 

妊娠したと嘘をつこうとしたありえない理由を聞き、「な、なんてことしてくれたんだ!」と声を荒らげる元夫。

 

「最初はこんな嘘をつくつもりはまったくなかったの」

 

泣きながら怖美に訴えかけられるも、元夫の怒りは収まらず……。

 

「だから私は悪くないよってこと?」
 

「やって良いことと悪いことの区別も付かないのか!」

 

すると怖美は「ご、ごめんなさい……」「私を見捨てないでお願いっ」と泣きながらしがみついてきたのです。

 

妊娠したと嘘をついたのはまさかのとっさに出た言葉でした。もしK代さんが強気の態度に出なければ、離婚していなかったかもしれませんね……。皆さんはどう思いますか?
 


 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターぱるる

    過去の日常体験談や恋愛、心霊、ヤバイ女など色々なネタでマンガを執筆。Instagramのほか、ブログ『ぱるる絵日記』(https://palulu.nbblog.jp/)で公開中。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    マンガの新着記事

  • PICKUP