「怖い…」不倫相手に部屋を特定された!? ポストに手紙が投函され中を見ると… #ママ友ありえない話 57話

「ママ友との間で起きたありえない話」第57話。元夫と電話をした1カ月から、非通知で無言電話がかかってくるように。友人M子に相談すると「もしかして犯人、怖美だったりして」と言われ、思い当たる節があるK代はしばらく様子を見ることにしました。

ある日夫から、家の前で夫のことを見てくる女性がいると聞いたK代。夫に怖美の写真を見せると、「そうそう! この子だよ!! 知り合い?」と言われ「知り合いというか……元旦那の不倫相手の怖美さんよ」と答えました。

続きを読む

家の前で夫をじっと見ていた女性は、元夫の不倫相手だった…

 

ママ友との間で起きたありえない話57_1

 

ママ友との間で起きたありえない話57_2

 

ママ友との間で起きたありえない話57_3

 

ママ友との間で起きたありえない話57_4

 

ママ友との間で起きたありえない話57_5

 

ママ友との間で起きたありえない話57_6

 

ママ友との間で起きたありえない話57_7

 

ママ友との間で起きたありえない話57_8

 

ママ友との間で起きたありえない話57_9

 

ママ友との間で起きたありえない話57_10

 

「今度見かけたら声かけてみようか?」


怖美の異常さを知らない夫にそう言われ、K代は「や、やめて!!」とお願いします。


「変に関わらないで欲しいの」
「私の旦那だって知ったら本当、何してくるか……あの人が怖いの」


K代のおびえる様子に夫は「怖いな〜、あまり外出しない方がいいぞ」気にかけてくれます。


「そうね、警戒しとく」


K代は無言電話がかかってくる時間帯と、怖美が家の前に立っている時間帯は外に出ないように過ごすことにしました。
 

すると今後は……メールボックスに差出人がなく切手も貼っていない手紙が入れられたのです。
 

「これきっと怖美さんよ。彼女こういうことしてくるのよ」


メールボックスに入っていたということは、部屋番号を知っているってこと…!?


「もー嫌!!!!」
 

恐怖で頭を抱えるK代を落ち着かせながら、夫は手紙の中身を見ずに捨てるか聞いてきました。
 

「いや……怖いけど見てみるわ」
 

勇気を出して手紙を開けると……K代から元夫に電話をしたときの着信履歴の写真が入っていたのです。


怖美は一体どうやってK代たちの部屋を特定したのでしょうか? もしポストに差出人が書かれていない手紙が届いたら……皆さんはどう対処しますか?
 


 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターぱるる

    過去の日常体験談や恋愛、心霊、ヤバイ女など色々なネタでマンガを執筆。Instagramのほか、ブログ『ぱるる絵日記』(https://palulu.nbblog.jp/)で公開中。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP