生まれた直後の息子に病気が判明!「先天性外反足」エピソード

2017/10/04 13:00
先天性外反足という病気を持って生まれてきた次男。出産直後に病気がわかり、私の頭の中は真っ白に。産婦人科を退院してすぐ療育センターへ直行し精密検査を受けました。両足を24時間ぐるぐる巻きに固定するという治療を開始し、2カ月で完治することができました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産
病気・ケガ
新生児

 

「先天性外反足」という病気をご存知ですか?次男は、私のおなかの中にいるときの姿勢異常が原因で、足首から下が外側に反った状態で生まれてきました。出産直後の告知でショックを受けた私ですが、「必ず治してあげる」という強い気持ちで次男とともに治療に臨みました

 

「先天性外反足」という診断

次男誕生!その直後、私の耳に聞こえてきたのは「あなたの赤ちゃんね、足がちょっと曲がっちゃってる……」という信じられないひと言でした。

 

出産の疲れは一気に吹っ飛び、頭の中は真っ白。5日後、産婦人科を退院した足で、病院から紹介された療育センターに直行しました。検査をして全身のレントゲンを撮った結果、幸い体のほかの部分に奇形はなく、いわゆる「先天性外反足」であるとの診断でした。

 

24時間ぐるぐる巻き

診断のあとは、治療の開始です。外側に反ってしまっている足首から下の部分をまっすぐにするため、ハーネスを足に添えてその上から包帯でぐるぐる巻き、その上からテープでさらにぐるぐるに巻いた状態にします。これをお風呂の時間以外、24時間必ずするようにと指導されました。

 

息子自身は、痛がったり機嫌が悪かったりということが一切なかったことが幸いでした。「ママが必ず治してあげる!」という強い思いで、毎日包帯を巻いていました。


2カ月間の治療を終えて

足をぐるぐる巻きにする治療を2カ月間続け、次男の足はすっかりよくなりました。「もう大丈夫、治りましたよ」と、そう言われたときのよろこびは言葉では言い表せません。

 

先天性外反足は、おなかの中にいるときの姿勢異常が主な原因で、治らないまま年齢が進むと骨がかたくなり、手術をするしか選択肢がなくなるという話でした。赤ちゃんのうちは骨がやわらかいので、比較的治りやすいそうです。その後、次男は1歳3カ月で歩き始め、その歩き始めと同時に走るようにもなりました。

 

 

小さな両足を24時間包帯でぐるぐる巻きにされている姿はかわいそうでしたが、2カ月という短い期間で完治できて幸いでした。今、次男は毎日大好きなサッカーをして外を走り回っています。(TEXT:ママライター沢木素子)

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


  • 37
  • 5
  • 21
  • 4

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。