「しんどい」母に娘を託すと家を飛び出した私。もう心が限界で…|病名は『産後うつ』です #21

「病名は『産後うつ』です」第21話。次女はなちゃんの1カ月健診で、医師から「産後うつです」と診断されたぼめそさん。実ははなちゃんを出産後、おなかの痛みから始まり、咳や動悸、不眠、全身のかゆみなど、さまざまな体の不調に悩まされていたのです。医師に相談すると「産後のマタニティブルーズという状態です」と言われ、薬を渡されたのですが、ぼめそさんが薬を飲むことはありませんでした。

病院を退院後は、実家で子育てをすることに。すると、長女こはちゃんと次女はなちゃんの育児の違いについて、次第に悩むようになっていったのです。

旦那さんに長女を預けたことで、ぼめそさんの育児の負担は減ったはずなのに、事態が好転することはありませんでした。

 

泣き止まない娘にイライラし、散らかった部屋が目に入ると自分自身にもイライラ……。

 

怒りが頂点に達すると、今度は涙がボロボロと溢れ出します。

 

感情が一気に溢れ出したぼめそさん。

 

最後ははなちゃんと一緒に、大声で泣き叫んでしまうのでした。

 

娘の泣き声を聞くのがしんどくなって…

病名は『産後うつ』です 第21話

 

病名は『産後うつ』です 第21話

 

病名は『産後うつ』です 第21話

 

 

病名は『産後うつ』です 第21話

 

病名は『産後うつ』です 第21話

 

病名は『産後うつ』です 第21話

 

病名は『産後うつ』です 第21話

 

病名は『産後うつ』です 第21話

 

 

病名は『産後うつ』です 第21話

 

病名は『産後うつ』です 第21話

 

病名は『産後うつ』です 第21話

 

病名は『産後うつ』です 第21話

 

 

病名は『産後うつ』です 第21話

 

病名は『産後うつ』です 第21話

 

病名は『産後うつ』です 第21話

 

 

病名は『産後うつ』です 第21話

 

お母さんにはなちゃんを預けると、

「しんどい」とひと言だけのつぶやき、家を飛び出したぼめそさん。

 

(こんなことしたって逃げられない)

(向き合わないといけないって分かってる)

 

頭では分かっていながらも、心の中で葛藤が始まります。

 

その結果、”3人がいい”  ”私がいらない”

そんな悲しい結論に達してしまうのでした……。

 

 

ぼめそさんが追いつめられた要因ですが、これまできっとぼめそさん自身が頑張りすぎていたからではないでしょうか。"母親だから" "自分が頑張らなくちゃ"そう思うママは多いと思います。しかし、特に産後は心も体も不安定な時期になりますよね。そういうときは家事や育児を頑張りすぎず、「ちょっと疲れたな」と思ったら、心身ともに休めることを優先しましょう。

 


ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターぼめそ

    2017年生まれの長女こはちゃんと2019年生まれのはなちゃんのママ。 Instagramで子育て漫画を描いています。数々の戦を乗り越えてきた古(いにしえ)のオタクです。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    5 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶