【出産体験談】爆発しているみたい!?想像を絶する痛みを乗り越えて

2017/11/02 21:00
5
初めて体験する陣痛を、私なりに表現すると「おなかが爆発しているみたい」でした。2回目の出産も当然陣痛はありましたが、このときは出産を終えて間もなく、また違う痛みがありました。後陣痛です。母乳をあげるたびにおそってくる痛みに何度もひざを叩いては、歯を食いしばって冷や汗を流していました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産
産後
陣痛

 

陣痛の痛みをあらわす言葉に「鼻からスイカ」というものがありますよね。私も第一子を出産するまで、どれくらいの痛みなのか想像できませんでした。「とにかく痛い」これが、周囲で出産を経験した人の言葉です。出産後、「鼻からスイカ」の言葉の意味が少しわかったような気がしました。

 

嵐の前の静けさ

第一子のとき、生理痛のような痛みからお産が始まりました。おなかがチクチクするような感覚で、まだ陣痛を感じる時間も短く、トイレやお風呂、洗濯など、問題なく動きまわることもできました。このときはまだ、「このまま行けば、思ったよりも楽に産めそう!」と、気楽にかまえていたことを覚えています。まさに、嵐の前の静けさでした。


ただ、陣痛が始まったのは夜中だったので、仮眠をしようとしても、陣痛がくるたびに目が覚めてしまうといった具合でした。

 

 

おなかが爆発しているみたい!?

時間が経過するにつれ、その痛みはじょじょに増していきました。痛みがピークに達したときは、意識が朦朧とするほど。この陣痛の痛みを私なりに表現すると「おなかが爆発しているみたい」でした。

 

陣痛の間隔が短くなるにつれ、その「爆発」がこれまでよりも長く続くのです。その痛みは、私にとって人生最大の痛みで、出産後1年くらいはそのときの夢をよく見ては夜中に起きるといったことが何度もあるほどでした。

 

 


第二子のときには「後陣痛」も

「後陣痛」は、第二子のときに経験しました。2回目の出産も当然陣痛はありましたが、このときは出産を終えて間もなく、また違う痛みがやってきました。

 

私の場合、この後陣痛は、出産ピーク時の痛みほどではなかったのですが、母乳をあげるたびにおそってくる痛みに何度もひざを叩いては、歯を食いしばって冷や汗を流していました。出産を終えてひと安心したのですが、心の中では「まだ痛い思いをするのか」と嘆いていました。

 

 

陣痛や後陣痛の痛みは人それぞれで、帝王切開で出産された方も、術後の痛みは相当なものだと聞きます。この痛みを乗り越え、わが子を抱いたときのよろこびは忘れられません。これから出産を迎える方には、気休めの言葉はかけられませんが、いつか終わりがきます。そう思って乗り越えていただけたらと私は思っています。(TEXT:ママライター小室 忍)

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。


この記事にコメントする

残り2,000文字

この記事にいいね!しよう

いいね!
5

現在ログインしていません。

医療の新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。