「良かれと思ったことがNG?」万年肩凝りに悩まされた私が実戦!目からウロコの解消法!【体験談】

20代のころから肩凝りに悩まされてきた私。マッサージに通ったり、シップを貼ったりとセルフケアをおこなうも、まったく解消されませんでした。ところが、ある方法を試してみたところだんだん良くなってきたのです。

この記事の監修者

医師中村 光伸先生

光伸メディカルクリニック院長。医学博士。整形外科医の知見から骨の仕組み、体の動かし方を活かした骨のトレーニングを提唱する骨の専門医。骨の強化と全身の機能回復を両立する「骨たたき」を考案。若々しい体を取り戻す「リバースエイジング」の専門家としてメディアにも多数出演。著書に『医者が考案した骨粗しょう症を防ぐ1分間骨たたき』(アスコム)。

 

続きを読む

長年肩凝りに悩まされる

私はデスクワーカーとして長年勤務してきました。姿勢には気を付けてきたものの、どうしても肩は重く硬くなっているのがわかり、慢性化してしまっていました。自分なりに肩をもんだりマッサージに通ったり、時には湿布を貼ったりと、自己流でごまかしながら肩凝りと付き合ってきました。ところが一向に改善の兆しは見られませんでした。

 

そこで自分なりに原因を徹底リサーチ! 書籍やネットを中心に調べました。すると私がこれまでおこなっていたセルフケアが間違っていたことがわかったのです。

 

肩凝りにはたたく・もむ・押すはNGだった

肩を揉むイメージ

 

私はこれまで肩凝り解消法として、自己流でさまざまなケアをおこなってきました。肩をたたく・肩をもむ、ツボ押しでグリグリなど肩凝り対策としてはどれもよく目にしてきた行為で、私が意識的におこなってきたものです。

 

ところが、これは筋肉繊維を破壊したり過度な刺激を与え過ぎてしまったりと、かえって肩凝りを悪化させてしまう原因になるとのこと! 肩たたきや肩もみは気持ち良く、一時的には症状がラクになったように感じていましたが、逆効果だったとは驚きました。ではどのように対策が正しいのかさらに調べてみることにしました。

 

肩凝り解消の鍵は血行を良くすること

タオルを肩にのせるイメージ

 

そもそも肩凝りの原因の1つは血行不良であり、血行を良くすることがポイントのようです。

 

具体的には温めたタオルを肩に乗せる、肩までしっかりお湯に浸かる、手のひらやストレッチボールで肩をさするなどの対策が良いそう。このことを知った私は早速実践してみることにしました。

 

自己流のセルフケアほどの強烈な気持ち良さは得られなかったのでちょっと不安になりましたが、とりあえず続けることにしました。すると、いつの間にか肩凝りがラクになっていっていることに気付いたのです。効果を感じ出したのは実践から1週間後くらいでした。

 

筋肉に過度な刺激を与えずに血行を改善することで肩凝りがだいぶラクになることが身をもって実感できました。意識的に毎日おこなうことで、今では肩凝りとは無縁の生活を送っています。              

 

まとめ

万年肩凝りに悩まされてきた私。自己流の間違ったケアで実は肩凝りを悪化させていたことに気付くことができました。肩たたきなどの強すぎる刺激で肩の筋肉にダメージを与えるのはかえって逆効果! 肩周りの血行を促進してあげることを意識してケアをおこなうことで肩凝りが改善できてよかったです。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。
※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

イラスト/サトウユカ

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:おるちよ

猫を愛する万年ダイエッター。お菓子・パン作りが好きなため、ダイエット地獄から抜けられないでいる。中学生の息子が1人のシングルマザー。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP