「聞いたよ、いろいろと…」数々の犯罪まがいの行動がバレた元夫の不倫相手はついに… #ママ友ありえない話 65話

「ママ友との間で起きたありえない話」第65話。K代から略奪婚した怖美ですが、現在は元夫の家を出て行き、どこにいるかも分からない状態。K代の夫が通うジムにいるかもしれないと、元夫を連れて向かうと、ビンゴで怖美がいました!

ジムから出てくる怖美に元夫が声をかけると、驚きながらも「なんで私がここにいると知っているの?」と返す怖美。K代から知らされたと知ると態度が一変し、「私がいないほうが気兼ねなくK代さんと連絡取り合えるもんね。いなくて清々したでしょ」と変なことを口走ってきて……。

続きを読む

怖美の言い分にあきれ果てた元夫はズバリと…

ママ友との間で起きたありえない話65_1

 

ママ友との間で起きたありえない話65_2

 

ママ友との間で起きたありえない話65_3

 

ママ友との間で起きたありえない話65_4

 

 

ママ友との間で起きたありえない話65_5

 

ママ友との間で起きたありえない話65_6

 

ママ友との間で起きたありえない話65_7

 

ママ友との間で起きたありえない話65_8

 

 

ママ友との間で起きたありえない話65_9

 

ママ友との間で起きたありえない話65_10

 

「今日K代夫妻がうちに来たんだよ。聞いたよ、いろいろと……」

 

怖美がK代夫妻宅に写真を送りつけたこと、K代の夫の通うジムに現れ、偽名を使って近づいてきたことなどを聞いたと元夫は話しますが……。

 

「ふん! どうりでここがわかったのね」となぜか開き直る怖美。しかし……。

 

「ちゃんと話し合いみたいなんだ。で、今K代たち……そこの車の中にいるんだ」

 

それを聞いた怖美は「ヤバい!」という表情を浮かべます。

 

「わかったわよ、ちゃんと話し合うわ」怖美はそう言いながらも、忘れ物をしたからとジムに戻って行きました。

 

怖美が戻ってくるのを待っていた元夫でしたが、仕事の電話がかかってきて、その隙に怖美はその場を逃げ去ってしまい……。

 

「やっちまった」

 

K代が元夫にそのことを電話で伝えたときにはすでに手遅れで、その後車で探し回るも、怖美を発見することはできなかったのです。

 

元夫の詰めの甘さから、隙を見て逃げ去った怖美。もし皆さんが同じような状況になった場合、どんな方法を取りますか?
 


 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターぱるる

    過去の日常体験談や恋愛、心霊、ヤバイ女など色々なネタでマンガを執筆。Instagramのほか、ブログ『ぱるる絵日記』(https://palulu.nbblog.jp/)で公開中。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • 通報
      おっちょこちょい(精一杯の優しい表現) の元旦那さんですね(^_^;)
       
      +12 -0

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP