「もうやだよぉ」幾度となく爆発した…だって辛くないわけがなかった… #旦那が突然死んで人生が変わった 7

「旦那が突然死んで人生が変わった」第7話。大好きな旦那さんのまーくんが突然亡くなってしまい、残された幼い子ども2人を抱えて生きていくことになったせせらぎさん。せせらぎさんの人生は、ここから大きく変わることになりました。はじめは絶望的な気持ちになっていましたが、だんだんと前を向き始め、幸せになろうとブログを始めたことがきっかけでした。

しかし、1歩を踏み出し、可能性は大きく広がってきたものの、旦那さんがいなくなってしまったのは変わりません。辛くないはずがありませんでした……。

 

続きを読む

生きてなんていたくないのに

#旦那が突然死んで人生が変わった 7

 

#旦那が突然死んで人生が変わった 7

 

#旦那が突然死んで人生が変わった 7

 

#旦那が突然死んで人生が変わった 7

 

#旦那が突然死んで人生が変わった 7

 

#旦那が突然死んで人生が変わった 7

 

#旦那が突然死んで人生が変わった 7

 

幸せになろうと、すべてに「YES」と言ってポジティブになり、可能性を広げたせせらぎさん。

 

しかし、最愛の旦那さんのまーくんを失った事実は変わりません。

 

辛い気持ちが変わるわけではありませんでした。

 

一緒に未来を描いた人がいなくなってしまったという悲しさはもちろん、せせらぎさんにのしかかる家事や仕事の負担は相当なものでした。

 

なかでも、長男のけーくんは発達障害があって、育児はとても大変でした。

 

「もうやだぁ」

「帰ってきてよ」

「会いたい」

 

と、何度も爆発したと言います。

 

せせらぎさんは生きることが辛くなり、「生きないといけない」、「子どもたちを生かさないといけない」、そう自分に言い聞かせる日々なのでした……。

 

◇  ◇  ◇

 

旦那さんを失って辛い中、さらにひとりで家事育児、仕事に向き合うことはせせらぎさんにとって相当なストレスになっていたようです。「頑張ろう」という励ましは追い打ちになってしまうのかもしれませんね。身近な誰かが最愛の人を亡くしたとき、みなさんならどんな言葉をかけますか?

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターせせらぎ

    2017年、33歳の時に、結婚4年目で最愛の旦那と突然死に別れる。残された子は当時、3歳と1歳の男の子。幽霊の旦那を心に抱え、思い通りにいかない人生と育児にひとり向き合い生きている。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP