「どれだけ幸せだったか、失って初めて気付いたよ」不倫相手と離婚した元夫は懺悔するけれど… #ママ友ありえない話 最終話

「ママ友との間で起きたありえない話」最終話。怖美に離婚を切り出した元夫。しかし怖美は頑なに離婚を拒否し、離婚調停をすることになります。

自分が被害者だと思い込んでいる怖美は離婚調停でも「どんなに慰謝料積まれても別れませんので」と強気の態度。しかし、裁判を起こされたら勝ち目はないと説明され、泣く泣く離婚を受け入れます。晴れて離婚できた元夫ですが……。

怖美と離婚できたのはよかったけれど…

ママ友との間で起きたありえない話72_1

 

ママ友との間で起きたありえない話72_2

 

ママ友との間で起きたありえない話72_3

 

ママ友との間で起きたありえない話72_4

 

 

ママ友との間で起きたありえない話72_5

 

ママ友との間で起きたありえない話72_6

 

ママ友との間で起きたありえない話72_7

 

ママ友との間で起きたありえない話72_8

 

 

ママ友との間で起きたありえない話72_9

 

ママ友との間で起きたありえない話72_10

 

「ボイスレコーダーを仕掛けてくるくらいだし、怖美ならやりかねない」

 

K代夫妻のように、後々逆恨みされることを恐れた元夫は、異動願を出して地方へ転勤していました。

 

そして、携帯の番号も変えて、怖美から完全に雲隠れしたとのこと。

 

そして元夫は、K代に対し懺悔します。

 

「俺はあのとき、あの選択をしたことをとても後悔しているよ」
「ほんの一瞬の感情でこんなにも人生を狂わせてしまうなんて、本当に俺はバカだった」
「K代と過ごした時間がどれだけ幸せだったか…失って初めて気付いたよ」
「あのころに戻れるなら、時間を戻したいよ…」

 

そんな元夫に対しK代は「いくら後悔したって時間は戻せないわ。この過ちをちゃんと反省して幸せな未来を築いてね」と伝え別れました。

 

怖美と出会ってから、本当にいろいろなことが起きましたが、ようやく平和が訪れたK代。

 

けれど、今でも怖美への恐怖心は消えず、トラウマが残っているのです。

 

不倫をされて離婚し、再婚後も嫌がらせをされて……怖美によって長い間苦しんできたK代。怖美のような人に執着されてしまったら……皆さんだったら、どうしますか?
 


 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターぱるる

    過去の日常体験談や恋愛、心霊、ヤバイ女など色々なネタでマンガを執筆。Instagramのほか、ブログ『ぱるる絵日記』(https://palulu.nbblog.jp/)で公開中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶