40~50代は男性も更年期!?夫婦危機の原因ともなる「妻のやりがちNG対応」は?治療はどうする?

やさしかった夫が怒りっぽくなったり、明るかった夫が急に暗くなったり。40代・50代になり「夫が変わった」と感じることはありませんか。さまざまな原因が考えられますが、1つには「男性更年期症状」があります。欧米では認知度が高いものの、日本ではまだ知らない人も多いようです。そこで、泌尿器科医でありメンズヘルスにも詳しい窪田徹矢先生に妻が知っておきたい「男性更年期症状」の基礎知識と対応について聞きました。

この記事の監修者

医師窪田 徹矢 先生

くぼたクリニック松戸五香院長。獨協医科大学医学部卒業。千葉医療センター、成田赤十字病院で研修を積み、国保松戸市立病院泌尿器科に勤務。その後千葉西総合病院泌尿器科にて医長、部長を歴任。2017年、くぼたクリニック松戸五香を開業。日本泌尿器科学会専門医・指導医。専門医である泌尿器科および皮膚のトラブル、生活習慣病を含めた内科まで幅広く診察。メディア出演も多数あり、医者YouYuberとしての情報発信もおこなっている。

 

続きを読む

男性更年期症状とは?

男性ホルモンが減ることで表れる心身の変化

女性の更年期症状は女性ホルモンが減ることで起こるものですが、男性の場合はどうなのでしょうか。

 

「男性更年期症状は、男性ホルモンであるテストステロンが年齢とともに減ることで引き起こされます。女性と似ている症状も多くありますが、男性の場合は性機能の低下があることが大きいですね。

 

クリニックに男性更年期症状を訴える方には、まず問診を受けていただきます。そのとき、Aging malesʼ symptom(AMS)スコアという質問表が用いられます。各症状について当てはまる程度を選び、合計点数によって症状を判断します」(窪田先生)。

 

男性更年期症状をチェックするAMSスコア

【ハイネマンのAMSスコア】

  症状     ない     軽い    中等度     重度 非常に重度
                        点数 1 2 3 4 5
1 総合的に調子が思わしくない
(健康状態、本人自身の感じ方)
1 2 3 4 5
2 関節や筋肉の痛み
(腰痛、関節痛、手足の痛み、背中の痛み)
1 2 3 4 5
3 ひどい発汗
(思いがけず突然汗が出る、緊張)
1 2 3 4 5
4 睡眠の悩み
(寝つきが悪い、ぐっすり眠れない、寝起きが早い、疲れが取れない、浅い睡眠、眠れない)
1 2 3 4 5
5 よく眠くなる、しばし疲れを感じる 1 2 3 4 5
6 イライラする
(当たり散らす、ささいなことにすぐ腹を立てる、不機嫌になる)
1 2 3 4 5
7 神経質になった
(緊張しやすい、精神的に落ち着かない、じっとしていられない)
1 2 3 4 5
8 不安定
(パニック状態になる)
1 2 3 4 5
9 身体の疲労感や行動力の減退
(全般的な行動力の低下、活動の減少、余暇活動に興味がない、達成感がない、自分をせかさないと何もしない)
1 2 3 4 5
10 筋力の低下 1 2 3 4 5
11 憂うつな気分
(落ち込み、悲しみ、涙もろい、食欲がわかない、気分むら、無用感)
1 2 3 4 5
12 「人生の山は通り過ぎた」と感じる 1 2 3 4 5
13 力尽きた、どん底にいると感じる 1 2 3 4 5
14 ひげの伸びが悪くなった 1 2 3 4 5
15 性的能力の衰え 1 2 3 4 5
16 早期勃起(朝立ち)の回数の減少 1 2 3 4 5
17 性欲の低下
(セックスが楽しくない、性交の欲求が起こらない)
1 2 3 4 5
                       合計          
【症状の程度】17~26点:なし、27~36点:軽度、37~49点:中度、50点以上:重度 
※Heinemann aging male‘s symptoms scoreを基に表を作成。※症状の程度は目安です。

 

この質問表をチェックしてみて、27点以上になるようなら、メンズヘルスを標榜するクリニックの受診をおすすめします」(窪田先生)。

 

妻のやりがちNG対応とは?

妻が夫に話している様子

 

責めるのはNG

男性更年期なのかなと感じたら、妻が気を付けるべきことはありますか。

 

相手を責めるのは止めたほうが良いです。男性は完璧主義の人が多いので、これまでできなかったことができなくなることで落ち込んだり、イライラすることも増えることもあります。

 

そこを責め立ててはさらに状況が悪化するので、思いやりをもって接してほしいと思います」(窪田先生)。

 

責めるのではなく味方になってあげて

それでは、具体的にはどんなことをしてあげると良いでしょうか。

 

「例えばうつっぽい症状があった場合、心療内科や精神科などに行くことが多いと思います。まずはそれでも良いのですが、しばらく通院しても良くならない場合は男性更年期の疑いを提案してみると良いでしょう。そのとき、先ほど紹介したAMSスコアを活用すると説得性が高まりますね。

 

男性更年期症状はメンズヘルスを標榜するクリニックで治療ができます」(窪田先生)。

 

クリニックではどんな治療をする?

メンズヘルスを受診するイメージ

 

男性ホルモンを補充します

クリニックではどんな診察、治療を受けるのでしょうか。

 

「まずはAMSスコアを使った問診をし、血液検査をします。血液検査でテストステロンの数値を見て、必要であればホルモンを補充する薬を出します。

 

保険診療で認められているのは注射のみで、2~3週間に1回おこないます。保険がきけば1回1,000~1,500円と手軽な価格で受けられ、効果もすぐに感じられます。ただ、2週間くらい過ぎると効果が薄れるので、様子を見ながら継続的に注射していきます。ただし、副作用として睾丸の委縮があるため、子作りを考えている方にはおすすめしていません。

 

保険はききませんが、睾丸に直接塗るホルモンクリームもあります。最初は1日2回塗布、その後様子を見て月1回と減らしていきます。国内製品はテストステロン1%という低いものしかまだなく、1本4,000円前後です。

 

一般的には最初は注射でホルモンを補充し、様子を見ながらクリームによる治療に移行していきます」(窪田先生)。

 

まとめ

つまるところ、夫婦関係の危機は思いやりで乗り切れるということでした。薬の力を借りて生活の質を上げられるなら、ぜひ活用したいところ。自分自身も更年期で、いろいろムカつくことも多いですが、夫の様子も気づかってあげられると良いですね。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


取材・文/岩崎みどり

ライター歴25年。35歳で第1子、38歳で第2子出産。最近、たるみが加速して二重あごが悪化。身長153㎝なのにLサイズの服が少しきつくなってきて……人生最後のダイエットを計画中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    医療の新着記事

  • PICKUP