「ショック!」気付けば両頬に巨大なシミが出現!私のシミが悪化した原因は…【体験談】

若いころはとても自慢の肌でした。多少寝不足であろうが、化粧水をつけずに寝ようが、翌日は問題ない状態で過ごすことができました。そんな私の大きな悩みになったのが大きなシミの出現。40代に入ったころから変化を感じていたのですが、手入れを怠ったせいで悪化し、さらには超巨大化してしまいました。両頬に茶色の絵の具で描いたような地図状のシミが浮き出てきたのです。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
2 クリップ

 

初めは小さなそばかすだった

初めてシミの兆候を見つけたのは、40代に入ってから。それまでは、本当にシミもシワもほとんどない、乾燥もしない自慢の肌でした。しかしある日、左頬の高い位置にぽつぽつと2mm程度の小さなシミを2つ発見し、ショックを受けました。実際、シミかそばかすか微妙なくらいで、周りから見て気付かれるほどのものではありませんでした。

 

それでも、その年までほとんど肌に気をつかう必要がなかった私はありえないと思い、すぐに薬局に薬を買いに走りました。知識の乏しい私ですが、CMなどでシミ専用美容液というものがあるということくらいは知っていました。早速購入して、お手入れを始めました。

 

ですが、今まで肌のお手入れに時間を割いたことがない経験から次第に面倒になり、その小さなシミを放置するようになっていきました。

 

子どもとの外遊びで一気に悪化

天気の良い屋外

 

昨年の夏は、1歳半になった息子が毎日外遊びを要求してきました。仕方なく公園で時間を過ごす日々が続きました。じりじりとした日差しの中、一応帽子をかぶり、SPF40と記載のあるファンデーションを信頼して使っていました。もともと何もしなくても美肌をキープしていたため、あまりにずさんな日焼け対策しかしておらず、ツケが後から回ってくるとは思いもしませんでした。

 

今になってみると、昔の自分に声を大にして言いたいです。「更年期は肌の急カーブ」「できてからの対処より予防のほうが簡単」「いいから手入れしろ」と。

 

本や雑誌で調べると、私のシミは紫外線によるシミのほか、更年期や出産などホルモンバランスの変化に影響を受けて出てくる肝斑のようでした。肝斑の特徴は目の周りを避け、両頬に左右対称に出るそうです。まさに私のシミの状態と同じでした。

 

更年期に差しかかっている自覚も薄かったことから、知らず知らずのうちに私は紫外線と更年期の最悪の組み合わせで一気にシミを悪化させてしまったようです。秋に差しかかるころには、はっきりと両頬にシミが浮き上がっていました。

 

 

シミを消すためにいろいろチャレンジするも

紫外線対策

 

その後、シミを消すためにとても努力をしました。なにせシミがあるおかげで化粧が何もきまらないのです。かわいい口紅も、発色のいいチークもすべてが台なしです。きれいな肌の女性を見てはうらやましく思い、「昔は自分も美肌だったのに」と気分が落ち込みました。隠そうと思ってファンデーションを厚く塗っても、うっすらとシミがあるのがわかります。

 

また、そのシミの範囲が広いため、コンシーラーを使うと化粧がよれてしまうということが多くありました。この時期は気持ちのアップダウンが激しく、肝斑とシミが消えないことにとても執着してしまい、意地になって消そうとしていました。日焼け止め・化粧水・美容液、さらに薬局で買える肝斑の薬も試しましたが、残念ながら根本的な解決にはなりませんでした。

 

まとめ

こんなにシミを悪化させてしまって、自分なりに反省点がたくさんあります。振り返ってみると、急に黒ずみが増した時期がありました。私としては紫外線の肌への影響を軽く考えていたことと、ホルモンバランスの乱れが原因だったと思っています。

 

予防の努力を怠ったことにはやはり後悔があります。少しでもきれいな肌でいるためには「早めの対策」が重要だといまさらながらに思います。「きちんと日焼け止めを塗る」「日差しに直接当たらない」といった基本的な対策と、美白化粧品でこまめなお手入れをおこなうことを徹底していれば、このような巨大なシミは防ぐことができたのかもしれません。気付くのが少し遅かったですが、今はこれからの肌のために手間を惜しまず予防とケアをおこなっていこうと思っています。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:はる

40歳で第一子となる男児を出産。イヤイヤ期の2歳児と日々戦うプレ更年期ママ。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶