「めまいに頭痛…」気温25度でも熱中症に!救急受診し、入院するはめに【体験談】

私が住む町は夏の平均気温が20度を超えないくらいの涼しい街です。なのにここ数年27~28度になることもしばしば。そんな町なので家にクーラーはなく、暑さをしのぐのは扇風機と保冷枕のみ。扇風機のタイマーが切れるたびに目が覚めて暑い……。そんな日々で体調を崩し、さらに寝不足になり続く頭痛の日々。部活応援や、運動会を観戦する機会が増え、炎天下にさらされる中で熱中症になりました。

この記事の監修者

医師駒形依子 先生
産婦人科 | こまがた医院院長

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
1 クリップ

 

きっかけは10年前の運動会

30歳を過ぎるまで熱中症とは無縁でした。初めての熱中症は10年ほど前、下の子を妊娠中におこなわれた上の子の運動会に行ったときのことでした。妊娠中で体が重い上に、学校のトイレが込み合うことを考えて水分があまりとれず、日傘を差しても日差しの照り返しが暑くてクラクラ。その日は私の街にとっては真夏日ともいえる最高気温26度。

 

グラウンドはそれ以上に暑く、妊婦だからなお体温が高い。2時間ほどして、まず吐き気がしてきました。そしてだんだん頭痛がひどくなり、座っていられなくなり横になったのです

 

そのうち目が回り始め、吐き気はひどくなる一方。家族にイオン飲料を買ってきてもらい、飲もうとするも吐き気で入っていかない! はうように木陰に避難したものの、運動会が終わるまで行き倒れのようになり、周囲に多大なる心配をかけました。たしかに木陰に妊婦が倒れてたら怖かったと思います! 

 

結局、運動会終了後に何とか車に乗り込み、帰宅後は水分を少しずつとり、涼しいところで休んでなんとか回復に向かいました。ただ、このときからどうも、熱中症になりやすくなったようです。ちょっとした太陽光線と暑さでクラッとすることが増えてしまいました。

 

再び運動会での熱中症

汗を拭く女性

 

次は、コロナもだいぶ収まり、やっと開催できた子どもの運動会のときでした。天気予報は雨時々曇りということでしたが、なんと快晴で最高気温は25度! 気温25度でも熱中症の危険性がある私は今回は準備万端! まずは首に巻くひんやりタオルを2本。UVカットの帽子。そしてハッカオイルを含ませたタオル、飲み物を保冷材に入れていざ出発! 

 

しかしキャンプ用の椅子を持つと、歩く時点でもう暑い。座って見ていても暑い。タオルを巻いているだけまだいいのですが、問題は飲み物。若干潔癖気味の私は家以外のトイレが苦手。コンビニのピカピカなトイレは良いのですが、学校のトイレは古くきれいではないので苦手な上に、生徒と親御さんで常にごった返していてトイレに行くタイミングにも気をつかわなくてはいけないので水分があまりとれませんでした。

 

2時間くらいして、以前熱中症になったときに経験したあのクラクラと頭痛がよみがえってきたのです。「まずい」と思ったものの運動会を途中退場する選択肢はありません。なぜならそのときの観覧は私一人。雨で延期に次ぐ延期で家族はみんな休みが取れなくなり、無理やり休みをもぎ取った私に観覧+ビデオ撮影の使命がかかっていたのです。

 

ビデオを気にしながら具合はますます悪くなり、座ったままぐったり。寒けがし始めたころやっと終了し、ヨロヨロと椅子を持ち帰路につきました。家に着いたら一気に吐き気がひどくなり、トイレにこもります。頭はガンガン痛くなって起き上がれなくなり、布団を敷くのも面倒でリビングにタオルケットかぶってそのまま寝てしまいました。

 

 

救急病院、そして予想外の入院

点滴のイメージ

 

少し眠った後、水分をとろうと思ってやっとの思いで起き上がりイオン飲料を飲んでも吐くだけで全然良くならず、いよいよヤバいと気付き始めた私。帰宅してきた子どもや夫がリビングでぐったりと転がっている私に驚がく……。

 

いつもは私の体調なんぞ気にしない夫も動けない姿を見て「病院行くぞ」とひと言。いやいや子どものごはんは? お風呂は? など考える私をよそに近所の親を呼び、吐き気を催す私を救急病院へ連れて行ってくれました。

 

病院に着いたころには頭痛と吐き気で動けない。熱はないのですが、あまりのグッタリぶりに1日入院。以前からの頭痛もひどかったので脳の検査を半日、あとは点滴をしてもらいベッドで眠ることになります。「点滴ってすごい!」と初めて実感する私でした。

 

体がすごくラクになって温かくなるのです。検査の結果は脳波にも血液検査にも異常なしでした。ただ、血圧が200まで上がってしまい、めまいもするので結局2泊3日の入院を経験しました。診断結果は熱中症。医師によるとトイレを気にして水分をしっかりとらなかったこと、飲み物をアイスコーヒーにしていたこと、サングラスをしていなかったので、クラクラしてしまったみたいです。飲み物は経口補水液やイオン飲料または麦茶を選ぶべきだったんだそうです……。

 

「学校のトイレが苦手」とか言ってないでガンガン飲むべきだったし、暑いときでも食べやすいようにゼリー飲料もいっぱい持って行ったほうがよかったなと後悔しています。次回はまずサングラス、経口補水液をたくさん冷やしておく、前の日ちゃんと寝て体調を整えて臨みたいと思います。

 

まとめ

この気温で熱中症になる人なんてそうそういないと思いますし、40度近くの気温と戦っている人から見れば理解不能だと思います。実は私が住むのは気温が低いのに紫外線量が多い街で、普通の眼鏡ではつらいなとは思っていたのですが、どうやらサングラス必須だったようです!

 

私は熱中症になりやすいようなので、自分なりの対策を続けていくしかありません。具合が悪かったら潔く帰る! これらを守って楽しい野外を満喫したいと思います。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:まさみ

中学生と小学生の男の子を持ちフルタイムで働いている。昨年化粧品メーカーを辞め、別の業種に。慣れない仕事と化粧品業界のときと変わらない「女同士の上辺の関係」を生暖かく苦しみながら見つめる日々。帰れば子どもの送り迎えと家事に追われ、趣味だったスキンケアもできずカサカサな肌となる。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶