年末の大掃除に100均グッズ!窓のサッシ掃除にダイソーのブラシが便利

2016/11/27 19:00
11
外からも汚れがたまる場所である窓のサッシは、なかなか掃除機だけではきれいになりません。まずは掃除機に附属されているようなブラシを使ってかきだしながら、吸い取れるゴミは吸い取ります。そして、ダイソーの「ペットボトルでおそうじ ワイドブラシ」。これがとっても便利なんです。ボトルのサイズは500mlなら片手でスイスイできて、2Lなら水道がない場所でも掃除しやすいです。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
100均

 

年末に向けて大掃除を始めるご家庭も多いのではないでしょうか?とくに、窓のサッシ枠は、外からの汚れと中からの汚れが両方あって掃除しづらい場所です。

 

そんなときは、ダイソーのペットボトルにつけるブラシを使うと、手が汚れずにキレイになりますよ。子どもが遊んだ粘土のカスやお菓子のクズもきれいに取れました!

 

上階でも飛んでくる土ぼこりや砂

 

外からも汚れがたまる場所である窓のサッシは、なかなか掃除機だけではきれいになりません。雨水など湿気で固まっている汚れも多いのが特徴です。上階でも土ぼこりや花粉などが飛んできています。

 

まずは掃除機に附属されているようなブラシを使ってかきだしながら、吸い取れるゴミは吸い取ります。部屋の内側からのお菓子のクズ、部屋のホコリも掃除しておきましょう。これから水を使うので、飛んできたホコリなどがついてしまうのを防ぎましょう。

 

ダイソーの「ペットボトルでおそうじ ワイドブラシ」

 

ざっとサッシのゴミをかき出したら、次に洗い流します。そのときに使うのが、ダイソーの「ペットボトルでおそうじ ワイドブラシ」です。これがとっても便利!ブラシは三角形で細かい隙間まで届き、水の出方も少なめで掃除がしやすいです。

 

ボトルのサイズは500mlなら片手でスイスイできますし、2Lなら水道がない場所でも掃除しやすいです。好きなサイズのボトルにつけてくださいね。


もうバケツ掃除には戻れない!

 

バケツ掃除では、窓のサッシの細い隙間にうまく水が入れられず、すっきり洗えませんでした。こぼれた水を拭く雑巾も必要で、汚れたブラシも片方の手に持って、掃除中の置き場所にも困ってました。サッシ掃除はとっても面倒!

 

ダイソーのブラシなら、掃除中はペットボトルを立ててそのまま置けて、簡単にきれいになります。「掃除機のついでにやる」という感覚になって、サッシ掃除の頻度が増えました。もうバケツでの掃除には戻れません!

 

 

掃除のあとはしばらく窓を開けておいて、しっかり乾かすといいですよ。風がない晴れている日がおすすめです。窓のサッシにホコリや砂がたまったままだと、窓の動きが悪くなったり、壊れやすくなったりするのでこまめに掃除したいですね。(TEXT:斉藤あや)

 


この記事にいいね!しよう

いいね!
11

現在ログインしていません。

グッズの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。