「肌だけじゃないの?」コラーゲン不足が加速させる意外な老化とは【美容専門医】

「美容に良い成分を1つ挙げるとしたら?」と聞かれたら何と答えますか。いろいろありますが、一番と言っていいくらいコラーゲンは有名ですよね。でも、いざコラーゲンについて考えてみると、どんな効果があるものなのかわからない方も多いのではないでしょうか。そこで、コラーゲンとは何か、どんな働きをするのか、そして40代・50代女性にどうして必要なのかを美容専門医の黒田愛美先生に聞きました。

この記事の監修者

医師黒田愛美先生

美容・アンチエイジング専門医。トライアスリート。Zetith Beauty Clinic副院長。1979年東京生まれ。2003年獨協医科大学医学部卒業後、東京女子医科大学内分泌乳腺外科に入局。2007年品川美容外科へ入職、2011年品川スキンクリニック新宿院の院長に就任。2013年同クリニック、表参道院院長に就任。その後、予防医学と分子栄養学を改めて学び、美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング内科の非常勤医師として複数のクリニックの勤務を経て、現在に至る。著書に『アスリート医師が教える最強のアンチエイジング』(文藝春秋)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
2 クリップ

 

そもそもコラーゲンとは?

コラーゲン効果

 

体のもとをつくるたんぱく質の一種

コラーゲンというと、ぷるぷるとしたゼラチン状の物質が思い浮かびます。そもそもどんな成分なのでしょうか。

 

「コラーゲンは、人の体を構成するたんぱく質の一種です。たんぱく質全体の約30%を占めているといわれています。

 

コラーゲンは肌のハリや弾力を保つ成分として有名ですが、皮膚の約70%をコラーゲンが占めています。皮膚の真皮にあるコラーゲン分子は、アミノ酸がつながってできた『三重らせん構造』をしていて、肌にハリと弾力を与えています」(黒田先生)。

 

しかし、コラーゲンは皮膚だけにあるものではないと黒田先生は言います。

 

「コラーゲンは全身の臓器に関わっています。皮膚以外にも

 

・髪

・骨

・軟骨

・歯茎・歯

・爪

・眼

・腎臓や肝臓など臓器全般

・脳

 

などを構成しています。この中でも皮膚と髪、軟骨に多く含まれるので注目されやすいのですが、コラーゲンは体全体の健康を保つために欠かせない成分です」(黒田先生)。

 

コラーゲンはなぜ減る?

鏡を見る女性

 

コラーゲンは加齢とともに減る、ということは何となくわかるものの、どうして減ってしまうのでしょうか。

 

1.加齢による細胞の衰え

「コラーゲンは体内で合成されているのですが、加齢とともに細胞の数が減ったり、細胞の働きが衰えたりすると合成力が落ちてしまいます」。

 

2.女性ホルモンの減少

「コラーゲンは合成されるときにビタミンCや鉄分などいろいろな成分を材料にするのですが、女性ホルモンも使われます。

 

閉経に向けて女性ホルモンは減るため、コラーゲンの合成力も落ちていきます。コラーゲンは30代前半をピークに減少するといわれています」。

 

3.光老化

紫外線の影響もあります。長い年月にわたって紫外線に皮膚や髪がさらされていると、コラーゲンが減少することがわかっています」。

 

 

減るままに放置するとどうなる?

女性物忘れ

 

体の老化を加速させることも!

30代前半をピークに減り続けるというコラーゲン。減ったままにすると体にどんな影響が出るのでしょうか。

 

「肌や髪だけでなく、体全体に影響がありますね。一例を挙げると……

 

●皮膚・肌

肌の潤いがなくなり、ハリや弾力が失われ、シワなどの原因になります。そのような状態の肌が紫外線対策をしないまま浴び続ければ、シミソバカスが増える原因になります。

 

●爪

コラーゲンは健康的なピンク色の爪のためには欠かせません。爪の根元はコラーゲンの保湿効果で乾燥を防ぎながら新陳代謝を促進します。コラーゲンが不足した爪は、割れる・欠けるなどの影響が出てきます。また、縦に筋が入った爪もコラーゲン不足が原因だと言われています。

 

●骨・軟骨・関節

コラーゲンの減少は骨の強度や骨密度に影響を及ぼしているといわれています。閉経後、女性ホルモンの減少で加速する骨粗鬆症にもコラーゲン不足が関係しています。関節の滑らかさにも関係しているため、コラーゲン不足は関節痛の原因となります。

 

●血管

血管の主成分もコラーゲンです。コラーゲンにより血管の弾力性を保っているため、不足すると動脈硬化の原因にもなります。また、コラーゲンには血管を修復させる機能もあります。不足すると修復機能が衰えて血管がもろくなり、脳卒中も引き起こしやすくなります。

 

●脳

脳もコラーゲンが成分となっているため、不足すると認知機能などさまざまな弊害が起きます。物忘れは典型例ですね。

 

コラーゲンが不足すると以上のような老化・不調が表れやすくなります。コラーゲンは美容面だけでなく健康面でもとても重要な働きをしているのです」(黒田先生)。

 

まとめ

40歳を過ぎるころから年々ひどくなっている物忘れ。老化と諦めていましたが、まさかのコラーゲン不足も原因とは。美肌についても諦めかけていた私ですが、物忘れや認知機能の低下は周囲に迷惑がかかるのでこれ以上の悪化はできるだけ防ぎたいところ。コラーゲン不足を放置していては危険、ということがわかりました。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


取材・文/mido

ライター歴25年。35歳で第1子、38歳で第2子出産。最近、たるみが加速して二重顎が悪化。身長153㎝なのにLサイズの服が少しきつくなってきて……人生最後のダイエットを計画中。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶