「めちゃくそ痛い!」坐骨神経痛が悪化した原因はおそらく… #ババアは健康になりたい 15

「ババアは健康になりたい」第15話。アラフォーに片足を突っ込み始めたババアさんのマンガを紹介します。腰から足にかけて痛みを感じていたババアさん。痛み止めを飲まないと生活できないほど悪化してしまった原因には心当たりがあるようで……。

この記事の監修者

医師中村 光伸先生

光伸メディカルクリニック院長。医学博士。整形外科医の知見から骨の仕組み、体の動かし方を活かした骨のトレーニングを提唱する骨の専門医。骨の強化と全身の機能回復を両立する「骨たたき」を考案。若々しい体を取り戻す「リバースエイジング」の専門家としてメディアにも多数出演。著書に『医者が考案した骨粗しょう症を防ぐ1分間骨たたき』(アスコム)。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
0 クリップ

 

坐骨神経痛が悪化した原因は?

#ババアは健康になりたい15

 

座り仕事をし過ぎたせいか、腰〜足が痛く仕事がはかどらない日々が続いていました。座っていても立っていてもしんどくて……。

 

痛み止めの薬を飲まないと仕事にならないことが増えたので病院へ行きました。結果、坐骨神経痛とのこと。坐骨神経痛とはおしりから足につながっている坐骨神経に沿って、痛みや痺れが起こってしまう病気だそうです。

 

私は仕事を在宅ワークに切り替えてからは娘が通う幼稚園と家の往復以外は、座りっぱなしになることが多かったです。運動量も減ってしまったので、体を悪くするのも仕方ないことなのか……と思いました。

 

ただ、私には急に坐骨神経痛が悪化した原因に心当たりがありました。それは、娘が私の下半身の上で寝ていたこと! おしりが押さえつけられて寝返りもできず、腰に負担がかかっていました。

 

当時4歳だった娘は年少児まで使えるベビーベッドで寝ており、それを私が寝ているベッドとくっつけていました。なぜか起きたときに娘が私に乗っかりながら寝ていることが度々あり、痛みと痺れを感じることがありました。

 

赤ちゃんのころならともかく、娘の体重は16kgもあります。そんなものがずっと乗っかっていたら、そりゃ足腰もおかしくなってしまう! と娘や自分の睡眠環境を見直すきっかけにもなりました。

 

ー--------------

 

仕事にならないほどの痛みを引き起こしていたババアさん。コロナ禍で外出や運動する機会や減っていますが、健康を損なわないようにしたいですよね。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターババア

    3歳児を育てているババア。一応、管理栄養士である。ブログ「ババア、育児をする」では、ミレーナ体験のほか、管理栄養士としての食事のアレコレや育児のオススメ情報、くだらない日記なども公開中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶