「もう救急車で運ばれるのはイヤ!」ピルを飲み始めてからの生活は… #ピルユーザーになった話 15

【生理痛で倒れた私がピルユーザーになった話 第15話】以前からひどい生理痛やPMS(月経前症候群)の症状に悩まされていた、ぴおっぷさん。本作は、ぴおっぷさんが低用量ピルの服用を始めるきっかけとなった大事件や、低用量ピルを処方されてから現在までの体験を描いた、エッセイ漫画です。

【前回のあらすじ】1カ月以上も不正出血が続いたため、超低用量ピルの服用を中止し、一度生理を起こして体の状態をリセットするため、中用量ピルを飲むことになったぴおっぷさん。その後、中用量ピルの効果で無事に生理がきたので、今度は超低用量ピルに代わって低用量ピルを飲むことに。すると、低用量ピルを飲み始めてすぐのころは副作用がひどかったものの、数カ月後には副作用も解消。超低用量ピルを飲んでいたときよりも経血量が減り、生理痛も改善されました。そんなぴおっぷさんの現在はというと……。

 

低用量ピルとの付き合い

「もう救急車で運ばれるのはイヤ!」ピルを飲み始めてからの生活は… #ピルユーザーになった話 15

 

「もう救急車で運ばれるのはイヤ!」ピルを飲み始めてからの生活は… #ピルユーザーになった話 15

 

「もう救急車で運ばれるのはイヤ!」ピルを飲み始めてからの生活は… #ピルユーザーになった話 15

 

「もう救急車で運ばれるのはイヤ!」ピルを飲み始めてからの生活は… #ピルユーザーになった話 15

 

「もう救急車で運ばれるのはイヤ!」ピルを飲み始めてからの生活は… #ピルユーザーになった話 15

 

「もう救急車で運ばれるのはイヤ!」ピルを飲み始めてからの生活は… #ピルユーザーになった話 15

 

「もう救急車で運ばれるのはイヤ!」ピルを飲み始めてからの生活は… #ピルユーザーになった話 15

 

現在は、低用量ピルを服用しているぴおっぷさん。

 

ピルを飲み始めたことで、ぴおっぷさんの長年の悩みだったPMSや生理痛はかなり改善され、現在は生理前や生理中でも安定したメンタルで過ごすことができています。しかし、完全に良くなったわけではなく、生理前にはとてつもない眠気に襲われたり、生理中におなかが緩くなって腹痛を起こすことも。

 

それでも、ピルを飲み始める前と比べると生活がとてもラクになったため、ぴおっぷさんは今後も低用量ピルの服用し続けたいと思っているそうです。

 

監修/助産師 REIKO

 

 


 

ぴおっぷさんのマンガは、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターぴおっぷ

    手書きPOPライター・ぴおっぷ。 20代フリーランスの主婦。Instagramとブログでエッセイ漫画を描いています。手書きPOPに関する情報も発信しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶