胎動がおかしい?おなかの赤ちゃんの「痙攣のような動き」が心配!

2016/11/19 13:00
6
妊娠6カ月を過ぎたころ、定期的に、「ピクッ……ピクッ」とまるで赤ちゃんが痙攣しているのでは?と思うような動きをしたのです。これはただごとではない!と産婦人科に駆け込みました。お医者さんに、自分の胎動がどれだけ普通じゃないかを話したところ、「ああ、それは赤ちゃんのしゃっくりですね」とのこと!本当にホッとしました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
体験談
妊娠中のQ&A
産婦人科

 

妊娠6カ月を過ぎたころ、ようやく安心して、幸せな日々を過ごしていた私。ところがお昼ごはんを食べたあとにゆったりお茶を飲んでいたところ、胎動がいつもと明らかに違う動きをしたんです。定期的に「ピクッ……ピクッ」とまるで赤ちゃんが痙攣しているのではないかという動きでした。

 

まるで痙攣のような胎動

 

感じたことのない動きに私は大いにあわてました。その定期的な胎動は5分は続いたでしょうか。その後、治まったと思いきや、2時間後にまた同じ「ピクッ」が始まったのです!

 

これはただごとではない!と私は感じ、産婦人科に駆け込みました。もし赤ちゃんになにかあったら、手遅れになったら、と平常心ではいられませんでした。

 

あわてて病院にかけこむ

待合室で呼ばれるまでの恐ろしく長い時間。もしこの間に何かあったら……。祈るような気持ちで待ちました。そしてやっと名前を呼ばれ、診察室へ。

 

モニターを泣き出したい気持ちで見たところ、「赤ちゃん元気そうですよー」と呑気なお医者さんの声。やっと安心。

 

でも、一体あの痙攣のような胎動は何なのでしょうか?医師に自分の胎動がどれだけ普通じゃないかを話したところ、「ああ、それは赤ちゃんのしゃっくりですね」とのこと!


診察の結果はいかに

 

医師の言葉を聞いて、本当にホッとしました。それからというもの息子はしょっちゅうおなかの中でしゃっくり。上の子のときには感じたことがない胎動だったので、驚いてしまったんですね。

 

しゃっくりが続くと赤ちゃんが苦しんでいるのでは?と思いがちですが、そんなことはないそうです。胎児のしゃっくりの原因は羊水の中に混じる異物を吐き出すためにしているのではないか、という説もあるとのことです。

 

 

胎動はママが赤ちゃんの元気度を測る大事なバロメーター。ちょっとでもいつもと違うと、やっぱり不安ですね。赤ちゃんが眠っていて、逆にまったく動かないときもあります。日々、赤ちゃんとコミュニケーションをしながら妊婦生活を楽しみたいですね。(TEXT:荒津 綾子)

 


この記事にいいね!しよう

いいね!
6

現在ログインしていません。

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。