もしかして「サイレントベビー」!?その特徴と原因とは?

2016/11/20 22:00
「サイレントベビー」とは、静かで、泣く・笑うなどの感情表現が非常に少ないあかちゃんのこと。自閉症などの先天性の脳の障がいとは違い、周囲とのコミュニケーション不足を主な原因とする後天性の症状です。「静かでイイコ」と思われている赤ちゃん、実は「サイレントベビー」かもしれません。

 

「サイレントベビー」という言葉を聞いたことはありますか?名前の通り、泣かない静かな(サイレント)赤ちゃん(ベビー)という意味です。ひとりで静かにしている赤ちゃんというと、手がかからなくていい子と思われがちですが、サイレントベビーの特徴がないか確認しましょう。

 

サイレントベビーの特徴

 

サイレントベビーの特徴には、泣かない・笑わない・声をかけても反応しない、といった感情表現の少なさがあります。とくに、空腹や不快感などの生理的な欲求があるのに毎回泣かない場合は、サイレントベビーの可能性があると考えられます。

 

また蛍光灯ベビーという別名がある通り、親や周囲の人には反応せず蛍光灯をぼんやりと見ているなど、周囲への興味が薄いという特徴も。

 

サイレントベビーの主な原因

 

赤ちゃんが泣くことは、周囲とのコミュニケーションツールです。「おなかが空いた」「抱っこしてほしい」「気持ち悪い」など、欲求と感情を泣くことで周囲に知らせ、その周囲の行動と反応を受け、赤ちゃんはコミュニケーションを成立させています。

 

しかし、泣いたときに周囲の反応がまったくなかったり、ずっと無視されることが何度も続くとどうでしょう?赤ちゃんは周囲や自分への関心がなくなり、サイレントベビーとなってしまうといわれています。


ながらスマホも原因のひとつ!?

 

育児中、情報収集や自分の息抜きのためにスマホを使っているママは多いと思います。 それも大切なことですよね。

 

しかし、赤ちゃんのお世話をするときもスマホを見ていたり、赤ちゃんが泣いているのにスマホに夢中になっているとしたら少し問題かもしれません。赤ちゃんは、自分よりもスマホばかりを見ているママを見て、「自分はかまってもらえない」と周囲への関心を失い、コミュニケーションを放棄してしまうかもしれません。

 

 

少しの間、泣かせっぱなしにしただけですぐにサイレントベビーになるわけではありません。神経質になりすぎず、ときにはパパや周囲の人の助けを借りながら、赤ちゃんとのコミュニケーションを大切に過ごすのが、いちばんの予防法ですね。(TEXT:千倉美波)

 


  • 2
  • 4
  • 12
  • 0

既にクリックしています。

  • こういう記事は、何を根拠に書いているのですか? 読んでいて、とても不思議です。

    2016/11/21 08:37
  • このコメントは削除されました。

    2017/03/12 00:10
  • このコメントは削除されました。

    2017/03/12 00:11
  • このコメントは削除されました。

    2017/03/12 00:12

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。